川崎そープオススメコンシュルジュ

日本有数のソープ街川崎の情報を中心に全国の風俗情報を日記形式でお伝えしていきます。投稿者様から頂いた、全国のソープランド、ヘルス、デリヘル、アジアンエステ口コミ体験談、2ch、したらば、爆サイ等の記事の風俗体験まとめ記事もございます。人気姫から地雷姫まで様々な情報をお伝えしているブログです。どうぞお楽しみください。体験談も随時お待ちしております。

記事投稿者大募集中! 風俗口コミ体験談1500記事突破!! 【記事内容】 全国のあらゆる風俗体験レビュー 【文字数】 基本的には300文字以上でお願い致します。 【制限】 店名、お相手の姫の名前、大体の来店した日、プレイ時間 上記は必ず明記してください。 【校正】 お店へ対してのただの文句や姫への中傷等は校正しまたは削除致します。 しかし、公平な内容やただ単純に店や姫の対応が悪い場合はOKです。 【応募方法】 詳しい詳細をご連絡致しますので下記までにご連絡ください。 kawasakisoup@excite.co.jp ブログサイドボードにあるメッセージからでもOKです。 お待ちしてます。

童貞

出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。ヤラずにハタチの俺が3回目のアポでスレンダー美乳ギャルで脱童貞!(23歳フリーターあゆなちゃん)

管理人コメント


今回は初投稿のハセガワさんからの投稿になります。脱童貞体験談になります。是非最後までお読みください。


前回の体験談はコチラ


出会い系体験談。池袋待ち合わせ。子持ちのムチムチ人妻の愚痴を聞きつつもラブホで二回戦!(38歳人妻ゆかりちゃん)

①あゆなちゃんスペック


23歳都内在住の実家住まい


バイトはアパレルとカフェでアルバイトしているらしい


明るくて優しくて可愛い!


スレンダーな体型でオッパイは小さいけど美乳!


②体験談

22歳のハセガワって言います。大学4年生です。就職活動も何とかクリアしてひと段落しました。



残りの大学生活を充実させたいと考えたときに俺はヤラずにハタチのヤラハタ男子を何とかクリアしたいと思いました。



特に意識してなかったけどいつの間にかずっと童貞で周りの友達は童貞も居るけど割と脱童貞していて羨ましかった



かと言って同じ学校の女子にアプローチするのはなんか俺がチキンというかなんか気分が乗らなくて



出会い系に手を出すことを決意してコチラの記事を参考にしてサイトに登録しました。



登録したサイトはPCMAX(18禁)です。初心者なもんで(笑)



初めての利用に悪戦苦闘したけど、とりあえず今は暇なので・・・使い倒してやろうと思いました。



最初はドキドキだったけど、ピュア掲示板の書き込みを中心にメッセージを送って、最初のアポを獲得!



一人目は24歳のOLの沙紀ちゃん。黒髪ショートカットの女の子でキレイ系の顔立ちだった



渋谷で待ち合わせをして、とりあえずお茶をしました。



だけど・・なんていうか次の展開に俺が進めずそのままお茶をして帰宅した(笑)



なんか面白い話も出来ず・・・・小一時間くらいでの撤収になってしまった



俺みたいにヤラハタ男子だと、そんな直ぐにエッチなんてまぁ無理かもと思っていたけど現実になってしまった。



その沙紀ちゃんになんかその後も連絡を取るのが億劫になってしまって撤退



「なんて俺はダメなんだ!」と就職活動中の無駄な挫折感に似た感覚になって2、3日はへこんでました(笑)



だけどまぁ「そんな事言ったって本音はヤリたいんだから頑張ろう!」って気持ちを整理してサイトにまた没頭しました。



また掲示板から良い感じの子にメッセージを送り、あゆなちゃんと知り合いました。



色白で可愛らしい顔立ちで俺よりちょい年上の23歳のフリーターの女の子



LINE交換までは簡単に進んで前回の沙紀ちゃんと同じような展開になりました。



また渋谷で待ち合わせして夜にご飯を食べようって事になりました。



あゆなちゃん
「おつかれーーー♪」



って現れたあゆなちゃんは写メより可愛いくて俺のテンションがおかしくなりそうだったw



デニムのショートパンツから覗く細身の脚がキレイで沙紀ちゃんより可愛いと思った



その後は焼肉を食いにお店へ入りました。



当り障りのない会話に終始して結局この日も何も進展もなく帰宅する流れに・・・



あゆなちゃん
「また遊ぼうーー」



って帰り際に可愛い笑顔で言ってくれたのがかなり嬉しかった。こんなんだったらもっとオシャレすれば良かったと後悔ww



前回の教訓を生かしてやり取りを継続しようと決意しました。



その後もやり取りを繰り返して知り合ってから約一ヶ月後くらいにあゆなちゃんと二度目のアポ



あゆなちゃん
「じゃまた渋谷で良い??」



って事になってまた渋谷で待ち合わせをしました。



時間は夜の8時過ぎくらいになりました。あゆなちゃんのバイト終わりに合流する事に



あゆなちゃん
「待ったー??」



ってあゆなちゃんが登場。今回は白いスカート姿で可愛い!



取り合えずは居酒屋へ行くことになりました。



この日は何となく飲みながら恋バナになりました。



あゆなちゃん
「私、半年とかくらいしか付き合ったことないんだよねーー」



とか、いろいろ話をしてくれるけど俺にはその経験がないw



しかし話を広げるためにありったけの恋愛トークを色々としました。(自分の体験した事ではないw)



2時間くらい居酒屋で過ごしてお互い数杯飲んでほろ酔い気分になりました。



いつもはここで終わりだけど・・・・どうしようと思っていると



あゆなちゃん
「カラオケ行かない?好き?」



正直カラオケはそんな得意じゃない・・・だけどここで少しでも嫌そうな態度は不味いと思って快諾!



ハセガワ
「好きだよ!行こうよ!!」←嘘



あゆなちゃん
「あ、ほんとーーじゃ行こっ」



下手な歌を歌わないといけないことと次の展開に進めたドキドキで俺の心臓がバクバク言っていた



極普通のカラオケ屋へ入りました。考えてみたら女の子と密室に入るのは初ww



ありったけのテンションでカラオケを熱唱しまくったww



あゆなちゃんはmiwaとかYUIとか色々と歌っていました。普通に上手です。



散々歌ってついでにお酒も飲んだりしてあっという間に2時間で入ったんですが2時間が過ぎようとしていました。



あゆなちゃん
「眠くなっちゃった」



って俺の膝を枕にしてくるような展開になってきたw嬉しいけど指一本触れることが出来ませんww



童貞の悲しい性ですね・・・いやマジで・・・・



そんな時に10分前を告げるコールが鳴りました。その音でウトウトしていたあゆなちゃんが起きました。



あゆなちゃん
「ぅーーんぁーもう今めっちゃ気持ちよかったのにw」



あゆなちゃん
「どうする帰る?」



コレは・・・・「ホテル行こう」とか言えば何とかなる展開かと思った



だけどそんなストレートにチャラ男のように言える訳もなく・・・



ハセガワ
「眠いの?俺もなんかちょっと眠い」



あゆなちゃん
「そっかwじゃ二人でちょっと寝ていく?」



ハセガワ
「え・・・ここで??」



あゆなちゃん
「いやいやココじゃなくても良いけどw」



そしてもう一度、終了を告げるコールが鳴りました。取り合えずは部屋を出て料金を払いました。



あゆなちゃん
「あ、いいよ。この間もなんかごちそうして貰ったしさっきもそうだからココは私が」



ってあゆなちゃんがカラオケはゴチしてくれました。



この日はさっきの話が終了コールで遮られたのも有って、何となくその話はしないで微妙な変な空気のまま外へ



あゆなちゃん
「ふふ、どうしよっか今日は帰る?」



駅前まで来てこのまま帰るのかと思ったらそうあゆなちゃんが話しかけてきました。



ハセガワ
「あ・・・いや・・・帰らないで良いの?」



あゆなちゃん
「うん・・・別に私は大丈夫だよ。」



ハセガワ
「そっか・・・うーん一緒に寝よっか?」



あゆなちゃん
「うん。良いよ。」



精一杯に勇気を出して誘いました。そんな簡単な一言がなかなか言えない悲しい性ww



ここから一気に緊張してしまい・・・ドキドキが半端ない感じに足と手が変な感覚にww



あゆなちゃん
「行こう行こっ眠いよお」



って俺の腕に触れてきて、思わず手を握ると握り返してきました。



ラブホなんて当然行ったこともないし、ぶっちゃけどの辺りに有るのかも何となくしか知らないww



何となくの方向へ歩いて行くと



あゆなちゃん
「こっちから行った方が近いと思うよお」



って誘導してくれました。それで渋谷のラブホ街へ



似たような手を繋いだカップルがウロウロしていました。



3件ホテルを見て周り、「ここにしよ」ってあゆなちゃんが言う部屋に決めました。



部屋に入ると想像していたより広くてキレイ!!



あゆなちゃん
「だあぁーーーー」



って声を出しながらベッドに寝転がるあゆなちゃん



あゆなちゃん
「お風呂見に行こう!」



っていうので一緒にお風呂を見に行くと



あゆなちゃん
「あ、こんなん出来るんだw良いねココ」



お風呂の照明を弄るとムーディーな感じになる。お湯を出してバスタブにお湯を貯めました。



待っている間は普通に話をしたりして、お湯が溜まったっぽいので入る展開に



あゆなちゃんは当然のように服を脱ぎ始めました。これは一緒に入るのかな?って思って聞いてみると



あゆなちゃん
「え・・・え??」



なんか何でそんな事聞くの?みたいな戸惑った表情をしていましたw



初めて見るナマの女性の下着姿と裸(母親以外)細身の体で白い肌がキレイ



興奮を抑えきれずに自分でも思いがけなかったですが抱き付いちゃいましたw



抱き着くとあゆなちゃんがギュってしてきてくれていい感じになってお風呂へ



お風呂では普通に話しながらなんですけど・・・女性がお風呂に入るのを見るのも初めて(くどいけど母親以外)



ムーディーな照明をONにしてバスタブへ



あゆなちゃん
「おおーいいねーーキレイ」



向かい合って座っていると



あゆなちゃん
「そっち行っていい??」



俺の近くに寄ってきて抱っこするような感じに・・・



俺はこの時点でチンコがフル勃起していてなんか緊張してしまいチンコが当たらないようにしちゃっていましたw



ドキドキが止まらない感じで・・・お風呂から上がりました。勃起しているチンコが恥ずかしい



直ぐにエッチかと思ったら・・・女性ってお風呂から上がると色々とスキンケアとかするんですよね・・髪を乾かしたり



それをずっと見ながら話して、やっとあゆなちゃんがベッドにやってきました。



俺はその待っている時間が凄く長く感じましたww



部屋をちょっと暗くしてTVを観たりしてるとあゆなちゃんが俺の腕を触ったり脚を絡めたりしてきました。



見つめあっているキスしました。初めてのキスですw



想像以上に唇が柔らかくてビックリ!!何度もキスを繰り返して俺がオッパイを揉んだりすると



あゆなちゃん
「ん・・・ん・・・んんん」



微かに声が漏れます。少しずつ下に移動してマンコへ・・・初めて触るマンコに触れると



凄い・・・・・ヌルっとした感触がww何とも言えない感触・・・想像よりニュルっとしていて驚きました。



入口をチョンチョンしていると



あゆなちゃん
「ぁぁんん・・・・あん・・・ぁあん」



指を一本入れると・・・ちょっと声が大きくなりました。そのまま指を動かしていると



あゆなちゃん
「ぁ・・ちょちょっと痛いかも・・・・爪かな・・・・爪、大丈夫?」



爪が痛かったみたいです・・・童貞だけにこういう配慮に欠けた事をしちゃいました・・・・



ハセガワ
「ごめん・・・ホントごめん・・・・大丈夫?もうしないね」



あゆなちゃん
「え・・いやそこまで痛くないから強くしなきゃ多分大丈夫」



でもちょっと遠慮がちに指マンをしました。暫くしていると



あゆなちゃん
「ねぇーーねーー交代しよっか?」



良く分からず・・・キョトンとしていると・・・あ!分かった!フェラしてくれるんだって思いなおしました。



俺が取り合えず寝ると、あゆなちゃんが下で俺のチンコをまず舐めてきて何度かそれを繰り返してパクっとチン
コを食べました。



そのまま口の中で舌を動かしてきてメチャクチャ気持ちいい!



俺は自分がどうしていいのか分からずマグロ状態wwまぁもう既にフル勃起状態なので良いんですけどね。



あゆなちゃん
「上???そうする?」



聞かれている意味が分からず取りあえず「あ、うん」って言うとあゆなちゃんが寝転がりました。



あ。。。。つまり正常位っていう意味かと気が付きました。ベッドの近くにあるゴムを取り出して何となく装着



何とも言えないゴムの締め付け感で既に俺のチンコはイキそうになってましたww(早すぎ)



ニュルニュルしているマンコめがけてチンコを持って行くとスルっと入りました。



初めてだとなかなか入れられないでパニくると書いてあったのでそれは安心しました。



安心したのもつかの間!!!入れたら気持ちよすぎです!!!オナニーの比じゃない気持ちよさです。



イキそうになるのを堪えて不器用に腰を動かすと



あゆなちゃん
「ぁ・・・ぁん・・・んあんあん」



暫く腰を動かしていると



あゆなちゃん
「オッパイ舐めて・・・・」



って俺にとっては高度なリクエストがオッパイを舐めながら腰を動かすというテクニックww



舐めながらピストンすると



あゆなちゃん
「ぁーーぁぁぁーーあんあんあん」



感じてる顔が激カワです!かなり射精感が高まってきて限界に・・・・



ハセガワ
「・・・ぁ・・・でそ・・・・」


10日


あゆなちゃん
「ぁあんーーあんあん」(うんうんと頷きながら)



無事に放出しました!!出した時は達成感よりも訳の分からない気分にww(沢山出たのは分かった)



マンコからチンコを出すと想像以上に精子量でしたwwゴムを取ってごみ箱へ



その後はキスをしたりして抱き合って時間も遅いので寝ちゃいました。



朝起きてから、隣に寝ているあゆなちゃんを見ながら「俺は脱童貞したんだ!」と感慨にふけりましたw



あゆなちゃんも起きてぼけっと二人でTVを見て暫くしてから帰宅準備



歯を磨いたり顔を洗ったりして時折、チューしたりしてラブラブな感じ



朝の渋谷を手を繋いで駅まで向かいました。



あゆなちゃん
「また遊ぼっ私コッチだからじゃねーー」



って駅で別れました。それから四日後も会ってエッチしました。



関係性はまだハッキリしないけど・・・・出来れば彼女にしたいなとか思ってますw



2018年の夏は思い出に残る夏になりました。



色々参考にさせて頂きました。ありがとうございました。


③管理人コメント


お疲れ様でした。ホント良かったですね!脱童貞出来て彼女も出来そうで!貴重な体験談ありがとうございました。お幸せに!


ハセガワさんが出会ったサイトはPCMAX(18禁)です。

管理人やハセガワさんがよく利用する出会い系サイトはコチラ

※各サイト多くの男女の会員がいます。

PCMAX←一先ずお試しはコチラがオススメ
(18禁)

ワクワクメール←直ぐに会いたい人にオススメ
(18禁)

ハッピーメール←ルックス重視や人妻系も好きな人にオススメ

(18禁)

各サイト無料ポイントやお得なキャンペーンが豊富です。サイトを複数お得に使って女の子をゲットしましょう。

各サイトを複数使えば合計で無料ポイントがかなりの数字になるので賢く使えてお得です。

この時に掛かった費用はこんな感じだそうです

サイトポイント代
900円
交通費
1360円
飲食代
13400円
ラブホ代
8800円

合計 24460円(3回のアポ分)

※エッチするまでに掛かった費用合計です。

夏は心も体も開放的でエッチな出会いが満載!!

出会い系サイトで出会えるコツをコチラでご紹介してます。ご覧ください。利用女性インタビューも有ります。

たまには【素人】と遊ぶのもアリじゃないですか?

出会い系体験談。池袋待ち合わせ。子持ちのムチムチ人妻の愚痴を聞きつつもラブホで二回戦!(38歳人妻ゆかりちゃん)


出会い系体験談。新宿待ち合わせ。社畜営業職の俺が「エッチが好き!」な30代独身営業職と仕事をサボってラブホ!(36歳独身営業職美香ちゃん)


出会い系体験談。西武沿線待ち合わせ。将来は幼稚園の先生になりたい一人暮らしの短大生の家にお邪魔して泊って2回戦!(20歳短大生まなちゃん)


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。40代の彼氏アリのギャル系OLと飲んでからラブホエッチ!(24歳OLあまねちゃん)


出会い系体験談。横浜&関内待ち合わせ。野球好きギャルと観戦からの飲み&エッチ!(25歳OLまおみちゃん)


出会い系体験談。五反田待ち合わせ。飲み会帰りのスレンダー貧乳三十路販売員と即ハメ1発!(32歳販売員りえちゃん)


出会い系体験談。新橋待ち合わせ。ちょっと訳アリな可愛いJDと海デートから2発!!(21歳JDちさとちゃん)

出会い系でエロい女の子をゲットしてください。全然ゲットできちゃいます^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

風俗記事もお楽しみください。


出会い系体験談。藤沢待ち合わせ。24歳フリーターで童貞の俺が同じ年のギャルに脱童貞して貰った!しかもNS!(24歳フリーターゆいちゃん)

管理人コメント


今回は初投稿のニシダさんからの投稿になります。24歳で脱童貞した体験談になります。是非最後までお読みください。


前回の体験談はコチラ


出会い系体験談。新宿待ち合わせ。夜勤警備員の俺が日焼け跡がエロいアパレルギャルと昼間から飲んでエッチ!(28歳販売員りなちゃん)

①ゆいちゃんスペック


24歳のフリーター


神奈川在住で彼氏は居ないらしい


細みのスレンダーな体型だった


エッチはまぁまぁ経験あるらしくリードしてくれた


②体験談

先日、脱童貞したので投稿します。24歳でフリーターの俺はごく普通な感じです(自分で思っているだけですが)



高校時代も別に女の子と楽しい思い出も特になく・・・卒業してからはバイトをしつつブラブラする生活です。



もちろん・・・その間に女の子と何となく遊んだりって経験は有ったけど遊ぶだけでそれで終わりみたいな感じでした。



友達にも「お前まだ初彼女出来ないの?」って不思議がられるというか半分ちょっとバカにされてるような感じでたまに居心地が悪い時があります。



そのなんていうかキッカケがないだけだと思っていたので、「そういう状況になれば俺だって」って思っていました。



だけどそういう状況を作るためには自分で行動しないといけないなって思ってサイトに登録!



登録したサイトはハッピーメール(18禁)です。



登録してからはプロフ検索が良いって書いてあったのをコチラのブログで確認していたので言うとおりに検索してみました。



年齢は20代前半、身長は特に指定しないでスタイルは普通を選択して後は特に指定しませんでした。



そうすると自分とほぼ同じ年齢の女性がガンガン出てきました。



俺はカラオケが好きだったりするので(別に歌が上手とかじゃないです歌うのが好きなんです)



そんな子を何名がチョイスして無難な感じで自己紹介を書いてメッセをしました。



すると返事が何通か着てやり取りがスタート!2人の女の子のLINE交換出来ました。



「けっこう軽いな」って正直思いましたね。そんな上手く行くかなーって思っていたので(笑)



その後やり取りを2人の女の子と繰り返していました。内容は一人は専門学生でもう一人はフリーターの女の子だったのでお互いの話をしたりして、チョコチョコやり取りする感じ



それで今回出会った24歳のフリーターのゆいちゃんから午前中の11時くらいに突然誘いが来ました。



ゆいちゃん
「今日暇ーー??遊ばない?」



俺はこの日はバイト休みで暇でパチンコに行こうと家を出て歩いている時でした。



(マジか!!!!)ってテンションが上がり即レス



ニシダ
「お!良いよ暇!超絶暇ww」



ゆいちゃん
「あーーホント!じゃ遊ぼうよ。」



理由を聞いてみると友達と遊ぶ約束をしていたらしいんですが、その子が体調が悪くなってしまったみたいで


キャンセルになって暇になってしまったそうです。



正直・・・連絡先交換したものの・・・どうこの出会いを転がしていいのか分からなくなっていたので助かりました。



っていうか今、考えると別に普通にデートに誘えば良かったのになって思いますがww



午後から会おうってなりまして、藤沢で待ち合わせをする事に、俺はほぼなんのオシャレもせずに家を出てるのでいったん帰宅して着替えて出かけました。「ちょっとパチンコでもやって軍資金を稼ごうと」って思いました。



電車に乗りとりあえずは藤沢まで出てパチンコ屋へ・・・・・残念ながら負けてしまいましたww大体こういう時は勝てないですね。



2時ちょい前にゆいちゃんからLINEが入り「もうすぐ着くよ」って連絡がありました。



この瞬間までは緊張しなかったけど一気にちょっと緊張してきましたww合コンする予定の女の子と初対面する時の感じですw



小田急線の改札で待ち合わせをして、電車を降りてくる女の子を見ていたら白T姿の女の子が俺の直ぐ横でスマホをいじり始めました。



それがゆいちゃんでした。



ゆいちゃん
「なんだーー横にいたのかww」



ニシダ
「写真とか全然交換してないから分からなかったww」



そうなんです。この時までお互い写メすら交換してませんでしたwタイミングが読めなくてって感じです。



でも年齢が一緒だということは知っていたので、普通に挨拶して友達みたいに話して駅前のカフェに移動しました。



体型はどちらかと言えば細身で色白の髪が茶髪のどこにでもいる普通の女の子でした。



ゆいちゃんは飲食関係のバイトをしていて俺は配送関係のバイトをしています。お互いの話をしたりして



その後は何となく「海でも行く?」ってなって特に目的もなく江の島へ



けっこうもう海で遊んでいる人が大勢いて



ゆいちゃん
「あーーいいなー海、入りたくなるねーー」



俺も彼女と海で水着デートとかしてみたいなって感じで話をすると



ゆいちゃん
「あーーそうなんだ。海デートしたことないの??」



ニシダ
「ないよーー」



ゆいちゃん
「私、元カレと海デートしたときに大ゲンカして置いてきぼりにされた事あるよww」



そんな話をしながらボケっと海を見ていてもクソ暑いので藤沢方面に戻ってカラオケでも行こうってなりました。



お互いカラオケが好きなので歌いまくりました。対面して座るかと思いきや、ゆいちゃんは俺の隣に座ってきて



近い距離に座ってきたのでちょっとドキドキしちゃいました。2時間で入ったけど1時間延長して3時間カラオケを歌いまくりました。



ゆいちゃん
「この後、予定あるのーー??」



ニシダ
「ないよ。別に」



ゆいちゃん
「じゃちょっと飲んでいこうよ。」



ってなったのでカラオケ屋を出て飲むことになりました。



道端でスマホを見ながらお店を探していたんですがお互い変に遠慮して行きたいお店を譲り合っていました。



ゆいちゃん
「きまんないねwwホント何処でもいいよ」



ニシダ
「じゃここは??」



ゆいちゃん
「あーーいやーそこじゃないほうが良いかな」



ニシダ
「ほらーーwwどこでも良くないじゃんw」



ゆいちゃん
「宅飲みは??」



ニシダ
「え・・ゆいちゃん家?」



ゆいちゃん
「うちは無理ww実家だから」



ニシダ
「俺の家??」



ゆいちゃん
「え・・・一人暮らしなんじゃないの??」



ニシダ
「そうだよ。こっから歩くの無理だよ」



ゆいちゃん
「いいよ別に電車とかでも」



それで電車で俺の家へ行くことになりました。JRに乗って藤沢から数駅の最寄り駅へ



駅に着いたらさっきまで天気が良かったのに雨が降っていました。



ゆいちゃん
「けっこう歩く??」



ニシダ
「いや、10分ちょいくらいかなぁ」



ゆいちゃん
「じゃ良いよ暑いから濡れても平気。傘とか勿体ないじゃん高いし」



って事で雨に濡れつつ歩いて俺の家へ



家に着いてタオルを渡してあげました。



ゆいちゃん
「ありがとーーあ、これ良い匂い!なにこれ?」



ニシダ
「あ、俺ねその洗濯物の匂いにうるさくて良い匂いがするの使ってるからww」



ゆいちゃん
「あーーそうなんだ。良い匂いするといいよねーーー」



それでここで気が付きました。冷蔵庫に酒がないです。雨で急いで帰る事ばかり考えて肝心の事を忘れていました。



一緒にコンビニに行くことになったんですが、なんせ俺は一人暮らしなもので傘が一本しかないwwしかもそんなデカくないビニール傘



ニシダ
「濡れちゃうから俺だけ行くから待っていていいよ」



ゆいちゃん
「え・・初めて来たお家で一人は気まずいでしょww」



って事になりお互い濡れながらビニール傘一本でコンビニへ



でもすっごいくっついて歩いて凄く楽しかったですねw



ゆいちゃん
「ぁ・・冷たいww雨・・・強くなってない??」



とかそんな話をして家とコンビニを往復して買い物を済ませました。



家に着いて酒を飲んで適当にTVを見ていたら



ゆいちゃん
「ちょい眠くなってきたから寝ていい??11時前くらいになったら起こしてね」



それで本当に寝てしまった・・・普通の慣れている男なら人によるかもだけど襲っちゃうのかもだけど



童貞の俺にそんな勇気はなく・・・ただ寝顔を見るのみww寝かせたまま俺はシャワーを浴びて出てTVをまた見ていた



11時前になったので起こすと・・・ゆいちゃん全然起きないww仕方ないので30分後また起こそうとすると



ゆいちゃん
「あ・・・ぁーー今、何時??あーそのくらいかぁ面倒になってきたぁ」



ゆいちゃん
「迷惑じゃなかったら泊っても良い?」



ニシダ
「え・・・ぁ良いけど。。。。。」



チョーー意外な展開で動揺して微妙な反応をしてしまいました。



ゆいちゃん
「ありがとう。朝になったら帰るからね。もう一つお願いしてもいい、シャワー貸して」



っていうのでOKするとゆいちゃんはシャワーを浴びに行きました。



暫くするとシャワーから普通に服を着て出てきました。



ゆいちゃん
「ごめん。なんか何でも良いけどハーフパンツみたいなの有る??貸してくれないかなぁ」



俺のハーフパンツを貸すとゴム紐をギュッと結んでいました。男用なのでデカいですからね。



正直、自分の家に女の子と二人っきりは初めてなのでここで初めて変に意識してしまいましたw



ゆいちゃん
「私、悪いからこっちで寝るね」



床で普通に寝始めたので部屋を暗しくして俺はベッドへ暫くすると



ゆいちゃん
「ねーー起きてる??やっぱ背中痛いwそっち行っても良い?」



ニシダ
「へ・・・え・・良いけど狭くねーかなぁ窮屈だと思うよ」



そうは言いつつもうれしくて仕方なかったwwだってせっかくの展開をこのままだとフイにしそうだと思っていたので



俺のベッドに入ってきました。暫く距離を取って寝てました。(って言っても狭いからほぼ距離ないけどww)



そしたらゆいちゃんが抱き着いてきた・・・・そのまま俺も無言でそのままにしていました。



心臓がバクバク気味でヤバかったです。俺は次の展開をどうしようかと思って目を開けると



ゆいちゃん
「あれ・・・起きてたの??」



思いっきりゆいちゃんと目が合いました。思わず俺はキスしちゃいました。



ゆいちゃん
「ぁ・・・」



って小さい声を出してましたがそのままチューを繰り返しました。俺の心臓がヤバい



ゆいちゃんのTシャツの上からオッパイを触るとあれ・・・・想像してた感じと違うと思ったら



ノーブラでした。



ゆいちゃん
「だって寝るときは外すからwほら??」



ってベッドの横にブラが置いてありました。暗いから全然気が付きませんでした。



別に聞いたわけじゃないけどオッパイはCくらいじゃないかと思いますwwただの憶測ですが



Tシャツをたくし上げて乳首を触ったり口に含んだりしてると



ゆいちゃん
「ぁ・・・・ぁ・・・ぁ・・・あん・・・・」



下の方に手を伸ばすと既にゆいちゃんは自分でハーフパンツを脱いでいました。



パンティー一枚でしたね。中に手を入れると・・・ヌルって感触が・・・・これがオマンコか・・・・



ドキドキ感が半端なくなってきて指でオマンコを触りまくっていると



ゆいちゃん
「ぁーーはぁあんはぁはぁはぁはぁ」



思いっきり俺に抱き着いてきて耳をなめてきました。くすぐったいけど・・・すごくビックリして動揺しました。



首筋にもキスをしてきて今度は俺が攻められる番に・・・徐々に上半身から下半身へ



俺のチンコは既にビンビン!



ゆいちゃん
「脱がしちゃっていい?」



ってゆいちゃんが俺のパンツを脱がしました。けっこうなんていうかこの瞬間恥ずかしかったですね。



何の躊躇もなくゆいちゃんが俺のチンコをフェラ!ガってチンコをもってフェラしてくれたんですが・・・



今まで感じたことのない感覚に全身が震えるほどでした。気持ちいいというか感動ww



そのままで騎乗位から挿入!ニューーーーって入る感触がたまらないです。



ゆいちゃん
「ぁっぁっあっあんっうっんっんんっあん」



俺はどうしていいのか分からずとりあえず腰の辺りを持っていました。



ゆいちゃん
「交代しよう」



そういうので正常位へ・・・初めて自分でチンコをマンコへ入れる瞬間になりました。



冷静に落ち着いてって思っていたら俺のチンコが何故かヘナヘナ状態にww



(あれ??あれ??どうした?)って思っていたら尚更ヘナヘナに・・・・



ゆいちゃん
「え・・どうしたの??あれ?お酒飲んだから??うーーん」



極度に緊張したのがいけなかったのかもしれないです。



再度、ゆいちゃんにフェラをして貰い復活!だけどまたヘナヘナになったらと思うと一抹の不安が・・・



チンコをしっかり手で持ってオマンコの辺りに充てると



ゆいちゃん
「ぁ・・・ぁ」



声を出したので「ここだ」って思ってグイって入れると入りました!!



ニュルって感触が



ゆいちゃん
「ちょっと乾いちゃったかな平気???大丈夫かなぁ??」



って気にしてましたが多分濡れてましたww



そのまま無難にAVで見たように忠実に腰を動かして


26日


ゆいちゃん
「あーーぁっんっあーんっんっあんあん」



極限に出そうになったので・・・中出しだけはまずいと思って早めに出して放出しました。



けっこう大量に出て俺のベッドのシーツにも掛かりましたw



その後は暑いからってことでそのままお互い裸でグッスリ眠りました。



俺は興奮しちゃって寝るのにだいぶ時間が掛かりましたが・・・



そして朝、起きてからもう一発ヤリました!今度は二回目なので最初よりスムーズにチンコも勃起して



また正常位で放出!朝の日の光に当たるゆいちゃんの裸がキレイでした^^



そのあとはゆいちゃんは着替えて駅まで一緒に行ってバイバイしました。



帰りに俺は開店直後ドラッグストアでコンドームを買って帰りました。



ちなみに初めてゴムを買ったので買うときちょっとドキドキしちゃいましたね。



何とか脱童貞を達成できました。しかも生で・・・それからはゆいちゃんと週末とかは俺の家とかラブホでエッチを楽しんでます。



でも俺があの時、実は童貞だったとは言ってませんwなんか恥ずかしいので・・・・



この夏は楽しい夏になりそうです。ありがとうございました。


③管理人コメント


お疲れ様でした。けっこう無難にヘナヘナになった以外は出来ちゃった感じですね^^おめでとうございます。貴重な体験談ありがとうございます。楽しい夏を過ごしてください。


ニシダさんが出会ったサイトはハッピーメール(18禁)です。

管理人やニシダさんがよく利用する出会い系サイトはコチラ

※各サイト多くの男女の会員がいます。

PCMAX←一先ずお試しはコチラがオススメ
(18禁)

ワクワクメール←直ぐに会いたい人にオススメ
(18禁)

ハッピーメール←ルックス重視や人妻系も好きな人にオススメ

(18禁)

各サイト無料ポイントやお得なキャンペーンが豊富です。サイトを複数お得に使って女の子をゲットしましょう。

各サイトを複数使えば合計で無料ポイントがかなりの数字になるので賢く使えてお得です。

この時に掛かった費用はこんな感じだそうです

サイトポイント代
950円
交通費
1500円
飲食代
8969円
ラブホ代
0円(自宅のため)

合計 11419円

※エッチするまでに掛かった費用合計です。

夏は心も体も開放的でエッチな出会いが満載!!

出会い系サイトで出会えるコツをコチラでご紹介してます。ご覧ください。利用女性インタビューも有ります。

たまには【素人】と遊ぶのもアリじゃないですか?

出会い系体験談。新宿待ち合わせ。夜勤警備員の俺が日焼け跡がエロいアパレルギャルと昼間から飲んでエッチ!(28歳販売員りなちゃん)


出会い系体験談。吉祥寺待ち合わせ。旦那と別居中の人妻を家に連れ込んで早朝から一発!(29歳人妻(別居中)みゆちゃん)


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。20代フリーターの俺が意識高い系人妻と真昼間から二回戦!(33歳人妻あんなちゃん)


出会い系体験談。渋谷と中目黒待ち合わせ。地方から出張中若い頃の安西ひろこ似のパリピ系巨乳ギャルとリベンジH3回戦!(25歳インストラクターりみちゃん)


出会い系体験談。川崎待ち合わせ。2LDKのアパートに住む平凡なちょいロリ入ってる人妻に下着を着けたままエッチで大興奮♪(35歳人妻れなちゃん)


出会い系体験談。相鉄沿線某駅待ち合わせ。大黒摩季似のエキゾチックな顔立ちのインスタ好きヤリマン人妻と一回戦!(31歳人妻はづきちゃん)


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。遼河はるひ似のセックスレス子持ちの人妻と二度目の待ち合わせでNTR!(33歳子持ち人妻しおりさん)

出会い系でエロい女の子をゲットしてください。全然ゲットできちゃいます^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

風俗記事もお楽しみください。


出会い系体験談。新宿待ち合わせ。童貞で25歳フリーターの俺が別居中の巨乳人妻に筆卸された(39歳人妻ありささん)

管理人コメント


今回は初投稿のドバシさんからの投稿になります。別居中の人妻にエッチの筆卸された体験談です。是非最後までお読みください。


前回の体験談はコチラ


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。二度目のデートで一人暮らしのギャルと家でNSエッチ!(22歳フリーターかえでちゃん)

①ありささんスペック


39歳埼玉在住の人妻


一応人妻だけど夫とは不仲で別居中らしい


子供は有りで小学校3年生の息子が居る


オッパイがデカかった(妊娠して大きくなったらしい)ムッチリ体型(デブではない)


②体験談

25歳フリーターのドバシです。高校生の時からずっとバイトしている飲食店で普通にバイトしています。



女性関係は0で勿論ですけど童貞です。けっこう周りには同じく童貞のヤツもいるんですけど周りの童貞友達は「別にどうでもいい」みたいな事を言うんですが俺は・・・ヤリたくてヤリたくて仕方ないタイプです。



しかも俺は女の子と付き合った事もないので惚れやすいんですよw



バイト先には昼間はパートの主婦の人がけっこういてみんな優しくて良い人ばかりなのでちょっと「良いなー」って思っていたりしますw



だからってバイト先でしかも人妻となんて怖くてっていうか勇気もなく何もできないんですけどね。



でも年上で人妻っぽい年齢の女性とヤリたい!!!とかって日に日に欲求が募ってきてサイトに登録しました。



登録したサイトはワクワクメール(18禁)です。



早速、俺より年上で30代とか40代の女性のプロフを見まくりました。そんなんしてたらあっという間にポイントが0にww



「これヤバくね」って思ったんですけどまぁ俺がテンション上がりすぎているのがダメなので気を取り直してポイントを購入!



ポイントが0にならないように大盤振る舞いして5000円分購入ww今度はじっくり吟味してプロフを見てメッセを送りました。



このブログでも投稿している方が言っているような丁寧な感じでメッセを送りしました。確か6人くらいに送りました。



すると、39歳のありささんから返信が有って俺は狂喜乱舞!!!



ありささん
「メッセージありがとう!若いですね^^オバサンだけど宜しくね!今、仕事帰りでーーす」



仕事帰りに返事をしてくれたありささんとメッセを繰り返して、ありささんからLINEへ誘ってくれました。



ID交換を済ませてLINEへのやり取りへ移行!恐る恐るだけど写メ交換をお願いしたらOKしてくれた。



ありささんから送られてきた写真を見たら俺のチンコがちょっと反応wなんでかって言うと



多分本人は別に意識してないけど、ブラはしていると思うけど胸の立間が強調されている写真でしたw



見た目はまぁ普通な感じで年相応なルックスだと思います。ちょっとバイト先のパートさんに似ていたのでそれも興奮しました!



ありささん
「〇ちゃんは、どんな出会い求めてるの?」
※〇の部分はドバシさんのプライベートな部分になる為伏字にしました。ご理解ください。



ドバシ
「いや年上の女性に興味が有って遊んだりしたいなって思ってる感じかなーー」



ありささん
「そうなんだ。私、子持ちだけど良いのかな?」



ドバシ
「全然俺は余り気にしないかな。子持ちに見えないね。若いね!」



ありささん
「ありがとう!お世辞でもうれしい!私、忙しいからすぐ遊んだり無理かもだけど宜しくね」



その後色々と話してると人妻なんだけど旦那さんとは別居中で子供と一緒にありささんは暮らしているらしいで
す。



養育費は貰っているものの生活費は自分で働いているみたいでした。



知り合ってから数日後、夜の10時過ぎくらいにLINEが



ありささん
「こんばんわ!今は仕事中、忙しい?もし暇なら電話で話したいな」



俺は電車でバイト先からの帰り道だったので「帰ってからなら良いよ」って言いました。



それから30分後に家に到着して電話をすると



ありささん
「バイトお疲れ様ーー!良かった、大丈夫電話?」



少し鼻にかかるような声で色っぽい話し方の女性でした。



ありささん
「子供を寝かしたら、良い人だから一回電話話したいなって思ったの迷惑じゃない?」



ドバシ
「いや全然wwむしろ嬉しいかもw」



世間話をしてその日は1時間くらい電話で話して終わりました。



ありささん
「7月頭くらいになったら時間できるから遊ぼう」



って言ってくれて嬉しかったですね。



その後もやり取りを繰り返して、ありささんからのお誘いを待ちました。



ありささん
「今度の火曜日空いてる?」



ドバシ
「空いてるよ。夜になるけど昼間は朝からバイトなんだ」



ありささん
「そう。じゃ夜にごはん食べ行こっか?」



俺のバイトは夕方の5時までで、その後に新宿で会う事になりました。



正直ドキドキしました・・・バイトに向かう電車内でもバカみたいになんか緊張しちゃいましたw



服装も気を使ってなるべくなるべく爽やかな感じの服装にしましたね。



バイトが終わり、ありささんにメッセを送ると



ありささん
「お疲れ様!私、もう新宿に実はいるから着いたら連絡してね」



新宿に着いてから連絡して、待ち合わせ場所で待っているとそれっぽい女性がきました。



ミントブルーのスカートに白シャツ姿のありささんと合流しました。



ありささん
「初めましてぇwなんか恥ずかしいね。わかーいぃ!オバサンでごめんだけどww」



笑うと確かに年相応にシワがけっこう出るけど写真よりキレイで良い感じでした。



飲みに行くことになり、鶏料理が美味しいらしいお店をありささんがチョイスしていたので店へ向かいました。



歩いて居て気が付いたんですけど、ありささんオッパイがデカいです。ポヨンポヨンしていてエロい



焼き鳥やから揚げやサラダを注文して生ビールで乾杯!



ありささん
「別居中の夫が平日休みだから今日は子供は旦那の所なんだぁーだから今日誘ったの子供いると無理だから」



ドバシ
「そっかーそうだよね。夜とか無理だよね。」



ありささん
「そうそう無理無理」



そんな会話をしつつ、旦那さんと別居した理由や仕事の話とかをしたりしました。



待ち合わせ時間より早く有ったので、店を出るころはまだ7時ちょい過ぎくらいで微かにちょっと明るい感じでした。



ありささん
「まだ明るいんだねーーこんな時間だもんねーー」



ってそんな事を言いつつも駅まで一緒に歩いて行きました。



(ヤバい・・・・このまま帰る流れっぽくなってる)って思いました。



俺はJRでありささんは私鉄なのでありささんが乗る私鉄の駅まで行きました。



駅前まで来てしまって話してると



ありささん
「なんか駅まで来ちゃったけど・・・帰るの??」



ドバシ
「え??」



ありささん
「何となく歩いちゃったけどwwまだ全然早いから遊ぼうよ。こんな日そんな無いから遊びたいんだ私w」



嬉しい展開なんですが・・・ここで「ラブホ」とか切り出していいものか分からず・・・どうしようかと思っていたら



ありささん
「じゃ取りあえずどっか入ろうよ」



ドバシ
「え・・・・何処かなーー」



ありささん
「良いよ。行きたいところ有るなら行こうよ」



ドバシ
「カラオケ行こうか?」



ありささん
「カラオケかぁーー私、歌が上手じゃないから苦手なんだよねw」



ありささん
「じゃうーーんずっと立って話してるの疲れちゃったからちょっと休もうよ」



ドバシ
「そうだね。じゃ・・・どうしようか」



ありささん
「良いよ何処でも」



ドバシ
「ホテル・・・かなぁ」



ありささん
「www良いよ。〇ちゃんがそうしたいなら良いよ」



最初からそう言われたかったのかもしれないです。だけど俺はなかなかそれが言えませんでしたww



それから新宿のラブホ街へありささん先導で歩きました。俺は勿論、行ったことが無いですw



ありささん
「安い所が良いよねーー」



って事で適当なホテルへチェックイン!想像していたよりラブホっぽくなくビジネスホテルみたいな殺風景な感じ
でした。



ありささん
「お風呂入るでしょ?良いよ先に入って」



混浴を期待していたんですが・・・それを言い出せる勇気も無く・・・俺はそそくさと風呂へ



シャワーを浴びて出ていくと、ありささんがその後入りました。出てくると



ありささん
「なにこの変な浴衣wwバスローブじゃないだねw」



浴衣の谷間に俺は超興奮してました。オッパイの谷間が深いっす!



ありささん
「暑いね――空調弱いねこの部屋w」



そんな話をしながらベッドに横になり話してると



ありささん
「もっとそっちに行っても良い?」



そう俺は緊張していたので微妙な距離を空けていました。



ドバシ
「あ、、うん」



かなり密着する形になり、俺のドキドキがハンパなくなってきたのも自分で分かりました。



ちょっと可愛い声で



ありささん
「ギュってして」



って言ってきました。促される形でギュってすると



ありささん
「あれ、凄いドキドキしてるね。私もしてるよ」



って俺の手を取って胸の谷間へ・・・・確かにドキドキしていました。そのまま手を取ってオッパイへ



ありささん
「触って・・・」



覚悟を決めてオッパイを触るとフワ―――って感じのこれまで感じたことのない感触!



オッパイを触ってると、ありささんが見つめてきてキスしてきました。



もう俺のチンコは天高く向いていてフル勃起状態です。俺はどうして良いのか分からず風呂から上がったら全裸状態でしたw



オッパイを舐めていると、ありささんの手が伸びてきて俺のチンコを触ってシコシコしてきました。



ありささん
「元気だねwすっごい硬いね」



ありささんが意を決したように浴衣を全部脱いで全裸になりました。ちょっとふくよかだけど全然俺的にはOKです。



ありささんが添い寝してきて更に俺のチンコをシコシコしてきました。DKをしたりして良いムードに



俺はどうして良いのか分からずマグロ状態ww唇だけ動かすだけです。



だけどもうどうしょうもなく気持ちよくなってきて出そうに・・・・



ドバシ
「ヤバいかも・・・・出そう。。。」



ありささん
「良いよぉううん気持ちいいなら出しちゃっても・・・・チューしよう」



濃厚なDKをしつつ。。。もう我慢出来なくて手コキで発射してしまいましたww



ありささん
「うわスゲーーwwあ、スゲーとか言っちゃったwwたくさん出たね」



ティッシュを取ってくれて俺のチンコとか毛に着いたのを拭いてくれました。



ありささん
「オナニーとか沢山してるの??オナニーとか沢山してると手の方が男の人って気持ちが良いんでしょ?」



ドバシ
「え・・・わかんない。そうなの・・・俺・・・自分でしかしたことないから」



ありささん
「ん・・・それって・・・エッチしたこと無いって事?」



ドバシ
「そう。したことないんだーー」



ありささん
「うそーーー!リアルにそうなんだーー最近の男の子は童貞が多いってホントなんだぁーー?」



ありささん
「えーー嫌だ――ホント・・・・私じゃ嫌だよねーごめんねーー」



ドバシ
「そんな事ないよ。気持ち良かった」



ありささん
「でもまだあれだよね・・・・手だからww」



ドバシ
「あ、そっかwwあぁ・・・宜しくお願いします」



ありささん
「ホント・・・フリじゃないよね童貞の?」



ドバシ
「フリじゃないよリアル童貞だからww」



ありささん
「もう一回する?」



ドバシ
「したい・・・・」



そう言うと、ありささんが見つめてきたのでチューしました。



ありささん
「きて・・・・」



そう誘われて俺は一心不乱にありささんを攻めました。



初の手マンをすると・・・手に何とも言えない臭いのマン汁がこびりついてベトベトになりました。



ドバシ
「舐めて良い??」



ありささん
「いやぁそんなの聞かれると恥ずかしい・・・好きにして良いよ」



オマンコを初のクンニをしてみると舌先からマン汁の味がしてきて何とも言えないしょっぱいようななんていうか
微妙な味



ありささん
「んん・・・あんっんんっあんっあん」



時折声を出し始めたありささん。クンニしながらオッパイを揉むと気持ちが良いみたいで声も大きくなった



もうチンコは9割は出来上がった勃起状態になっていて準備万端。。。



ゴムを着けないとって思ってゴムを持ってチンコを装着しようとしたらなんか変な感じ・・・



ありささん
「あれ・・・あれじゃないかな逆じゃない??表と裏が?」



変に被せて有るチンコを触ってきたありささんがゴムを取りました。



ありささん
「あ、やっぱりこれ逆だよ。表と裏が有るからね」



ヤベー―やってしまったwwなんか変に動揺してしまった俺は・・・チンコが小さくなってしまった。



ありささん
「寝て良いよ。おっきくしてあげる」



それを見て俺を寝かせてフェラしてくるありささん。口を窄めて丁寧な感じ口の中の温かさが気持ちいい



ちゅぽちゅっぽちゅぴぽ



スケベな音がして俺のチンコはまたフル勃起になった所でありささんが今度は新しいゴムを被せてくれました。



ありささん
「はい。準備完了!痛くない、大丈夫?多分これで良いと思うよ」



ゴムの締め付けが凄くてなんか変な感じも若干したけど取りあえずは痛くないので問題ない



俺が寝たままでありささんが上に乗ってきた。



ありささん
「重かったらごめん直ぐにどくねw」



ぐって感じでチンコがマンコに入る感触が有り・・・ニュルっとする感触がエロい



ありささん
「うーーんうーーーんぁーーーあん・・・入ったよ」



腰をクイクイって感じで動かしてきてかなり気持ちが良い



ありささん
「動いてみる・・・下からでも良いけど。やってみる??」



そういわれて俺はありささんの腰に手をやり下から突き上げると



ありささん
「ぁっぁっあんっあんぁっぁっあん」



ありささん
「気持ちいい・・・・ぁあん・・・あん上手あんあんあん」



突きながらオッパイを揉んでみた・・・(けっこう俺的には頑張りました)



ありささん
「はぁーーーあんあはーーあんあん」



一発目の手コキは速攻イッたけど二回目は流石に直ぐにイカない良い感じの状態に



正常位でしてみたくなった俺はありささんに寝て貰って挿入を試みると



ゆっくりチンコを持って腰をグッとするとスルっと入った・・・そのまま腰を動かしてピストン運動


14日


ありささん
「ぁーーーあんうううんあんあん」



ありささん
「気持ちいい??」



ドバシ
「すげーー気持ちい・・・」



そのまま腰を動かし続け発射!



そのままの体勢でチューしたりしていたからゴムを取るとチンコが自分の精子でベトベトにww



シャワーでサッと流してきてベッドでイチャイチャして遅くなってきたので帰宅する事に



ありささん
「なんか面白かったww記念日だね今日は?」



ドバシ
「そうだね・・・・ありがとう」



ありささん
「いえいえそんなwwどーいたしまして」



ホテルを出る時にラブホ代を半分出してくれました。



手を繋いで駅までありささんを送り、軽くチューして別れました。



なんか高ぶってしまって家に帰ってから思い出しオナニーもしちゃいましたねw



それっきり連絡は取っているものの会ってないですが、俺は早く会いたいです。



やっぱり童貞捨てるなら経験豊富な人妻とか熟女が良いですね。



童貞友達にもサイトの利用を勧めています^^ご報告は以上です。ありがとうございました。


③管理人コメント


お疲れ様でした。いやーーーおめでとうございます!ですね。年上女性が良いですよきっと貴重な体験談ありがとうございました。性生活をエンジョイしてください。


ドバシさんが出会ったサイトはワクワクメール(18禁)です。

管理人やドバシさんがよく利用する出会い系サイトはコチラ

※各サイト多くの男女の会員がいます。

PCMAX←一先ずお試しはコチラがオススメ
(18禁)

ワクワクメール←直ぐに会いたい人にオススメ
(18禁)

ハッピーメール←ルックス重視や人妻系も好きな人にオススメ

(18禁)

各サイト無料ポイントやお得なキャンペーンが豊富です。サイトを複数お得に使って女の子をゲットしましょう。

各サイトを複数使えば合計で無料ポイントがかなりの数字になるので賢く使えてお得です。

この時に掛かった費用はこんな感じだそうです

サイトポイント代
5000円
交通費
1300円
飲食代
6300円
ラブホ代
2500円(ラブホ代を半分位出して貰ったため)

合計 15100円

※エッチするまでに掛かった費用合計です。

夏は心も体も開放的でエッチな出会いが満載!!

出会い系サイトで出会えるコツをコチラでご紹介してます。ご覧ください。利用女性インタビューも有ります。

たまには【素人】と遊ぶのもアリじゃないですか?

出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。二度目のデートで一人暮らしのギャルと家でNSエッチ!(22歳フリーターかえでちゃん)


出会い系体験談。大宮待ち合わせ。トリマーをやっている美乳ギャルをハメまくり!(23歳トリマーあやみちゃん)


出会い系体験談。新宿待ち合わせ。劣化した上原多香子似のOLと3発発射のお泊りエッチ!(33歳OLまみちゃん)


出会い系体験談。恵比寿待ち合わせ。彼氏有りの仙台から上京しているOLと意気投合して1回戦!(26歳OLまいかちゃん)


出会い系体験談。高円寺待ち合わせ。童貞で大学生の俺が雛形あきこ似のギャルの家に遊びに行って脱童貞!(24歳派遣社員れみちゃん)


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。30歳既婚の俺が年上好きのヨガインストラクターの小麦肌ギャルと飲んでからサクっとラブホ!(25歳ヨガインストラクターさおりちゃん)


出会い系体験談。新宿待ち合わせ。肉を食べない菜食主義のAカップのスレンダーアパレル販売員エッチは肉食系でエロ過ぎ!(25歳アパレル販売員さやちゃん)

出会い系でエロい女の子をゲットしてください。全然ゲットできちゃいます^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

風俗記事もお楽しみください。


出会い系体験談。高円寺待ち合わせ。童貞で大学生の俺が雛形あきこ似のギャルの家に遊びに行って脱童貞!(24歳派遣社員れみちゃん)

管理人コメント


今回は初投稿のヤマシタさんからの投稿になります。脱童貞体験談です。是非最後までお読みください。


前回の体験談はコチラ


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。30歳既婚の俺が年上好きのヨガインストラクターの小麦肌ギャルと飲んでからサクっとラブホ!(25歳ヨガインストラクターさおりちゃん)

①れみちゃんスペック


24歳彼氏無しのギャル


都内に一人暮らしで派遣社員をやっているっぽい


スタイル良い!細いしエロかった


童貞の俺を優しくリードしてくれたし明るい性格


雛形あきこにちょっと似ている感じ


②体験談

先月、やっと脱童貞を果たした都内4流大学に通うヤマシタです。



ルックスも良くないし体型も普通で勉強も出来る訳じゃないし高校生の時にフリーターでもやろうかなって思っていたら父親に「取りあえずどこでも良いから大学だけはイケ!」って言われてバカなのに必死に勉強して名前を言ったら「バカだとバレる大学」に何とか合格しましたw



そして大学に入り早2年・・・入学早々別に興味はないもののアウトドア系のサークルに入りました。



まぁ理由は可愛い先輩に偶然声を掛けられて入っただけですがwwその先輩も卒業しちゃいましたけど。



同級生の女子とはまぁ普通で友達みたいな感じで彼女とかそういうのは無い感じ。



エロい事がしたい!って思うけどなかなか日常にそんなことは無く無駄にオナニーばかりの毎日でした。



何とかしたいと思ってサイトに登録をしちゃいました。



登録したサイトはハッピーメール(18禁)です。



多くの体験談を参考にしたりして、ピュア掲示板に書き込んでみたりして何となく数人のギャルの連絡先をゲットしました。



俺、別にコミュ障とかじゃないのでそういうのは結構、大丈夫な気がしていたのでここまでは難なく行きました。



数人のギャルと遊んでみたものの・・・お茶してバイバイとかばかりで連敗続き・・・



そして、また違うギャルとアポを取りました。それがれみちゃんでした。



初めて会った時はそれまでは他の子だと昼間に会っていたんですけど、夜に会う事に



待ち合わせは高円寺で待ち合わせをしました。俺は学校帰り、れみちゃんは仕事帰りでした。



駅前で待ち合わせして合流しました。写メ交換はしていたもののちょっと遠目の写メでハッキリと顔が分かるものじゃなかったので



若干ちょっと自分のルックスを棚に上げて不安でしたがww



会ってみると、普通に可愛くて雛形あきこに似ている感じでした。


雛形

雛形あきこさん

れみちゃん
「飲みいこーよ!飲めるでしょ?」



それで安めの居酒屋へ入り乾杯!



ヤマシタ
「仕事とかなにしてんの??」



れみちゃん
「ええっとねWEB入力とかのバイトさんをまとめたりするやつかなーー簡単に言うとその派遣社員」



れみちゃん
「バイト探してる??探してるならおいでーー時給けっこう良いと思うよPC出来れば大丈夫だと思うよ」



そんな話をしたりしてけっこうお互い酒を飲んでしまい酔っぱらってきました。



れみちゃん
「彼女とかいないのーー?」



ヤマシタ
「いたらサイトにいないでしょww」



れみちゃん
「んなことないよw」



ヤマシタ
「いやーーいないよマジで大学でもそんな感じにならないし」



れみちゃん
「そうなんだーじゃこうやって女の子と飲んだりしないのサシで?」



ヤマシタ
「ぁあーーうんそうだねー初めてかもお茶とかはけっこう有るけど」



れみちゃん
「そうなんだー!ねぇ聞いていい?もしかして童貞?」



ヤマシタ
「wwwそうだよ。童貞ww」



れみちゃん
「wwぶっちゃけるね。してあげよっか??」



ヤマシタ
「え・・え??」



れみちゃん
「嘘嘘、冗談wwごめんごめん」



そんな話に俺はドギマギしつつ3時間くらい飲んで店を出ることになりました。



ちなみに割り勘になりました。



れみちゃん
「よしっじゃ帰ろっか。。それともどこか行く??」



ヤマシタ
「え・・・あーーいや帰ろうかな明日も学校有るし」



れみちゃん
「うん。分かったそうだね。私、一人暮らしだから今度遊びに来ても良いよ」



ヤマシタ
「え・・・マジで??わかった。じゃあねーーまたね^^」



って駅前で別れました。



これ後で考えたんですけど・・・この時にもしかしたらそのまま、れみちゃんの家に行けたかもしれない流れでしたね。



初めてのアポから2週間数日に一回くらい何げない短文のLINEとかを繰り返していたある日



れみちゃん
「ねーまた遊ぼうよ。飲みに行こうよ」



って誘いが来たので、それから数日後にまた高円寺で会う事になりました。



合流すると、れみちゃんが前回はジーンズ姿だったんですが、今回はスカート姿で脚についつい目が行ってしまいました。



前回とは違う居酒屋ですが安価な店に行きました。



飲み始めて1時間くらい経った頃



れみちゃん
「この後、何か有る?うちで飲みなおさない?」



ヤマシタ
「れみちゃん家?あ・・・え・・良いの?」



れみちゃん
「うん。良いよ。あ、変な事期待してるねww」



ヤマシタ
「え・・・ぁ・・・ぁえ??」



れみちゃん
「じゃ行こうよ」



ってササっと店を出ました。



そこから電車に乗り数駅の最寄り駅で降りてそこから徒歩10分弱歩きれみちゃんの家に



1LDKの普通のアパートです。外観がちょっと可愛い感じの家でしたね。



部屋に入るとまぁ普通の感じで促されて床に座りました。



れみちゃん
「なに飲む??ビールとチューハイ有るけど」



ヤマシタ
「じゃチューハイで」



取りあえずチューハイで乾杯しました。



れみちゃん
「彼女は今までいたこと有るの?」



ヤマシタ
「いないよーーコクったりした事は有るw中学生の時によゆーで振られたけど」



れみちゃん
「おおおーーー凄いじゃん!勇気あるんだね。男らしいね」



れみちゃん
「んで・・それでそれっきりなの?」



ヤマシタ
「そりゃまーフラれたからww」



れみちゃん
「あーー惜しいね・・・何度もすれば良かったのに意外といけちゃうよ」



れみちゃん
「女って情に弱いから何度も好きだ好きだ!言われるとそっちになびいたりするからね」



れみちゃん
「じゃチューもないんだ??」



ヤマシタ
「有るよww」←嘘です。何故か嘘をついちゃいました。



れみちゃん
「おおーーあるんだ!どんなシュチュエーションだったの?」



その後、俺は精一杯の嘘を付きました。長くなるので割愛します。



れみちゃん
「ふーんもっと自然にすれば、チュって感じでそれでいいと思うよww私なんか偉そうだねww」



ちなみにこの時、れみちゃんは薄着になっていてチラチラとブラの紐やら谷間が見えまくりでした。



その後はTVを見たりして話してそろそろ帰ろうかなって思って



ヤマシタ
「じゃ俺、帰ろうかなっまだ電車普通に有るし」



れみちゃん
「帰っちゃう??酔ってない、大丈夫?」



顔を近づけて見てきました。



ヤマシタ
「大丈夫だよ。そんな飲んでないし」



れみちゃん
「今、キスするところだよww」



れみちゃん
「してみる??チューならしても良いよ」



ヤマシタ
「え・・・あ・・・な??はい??」



マジで動揺してしまってドギマギしたけど・・・・軽くほっぺにチューしました。



れみちゃん
「いやw口でしょww」



今度は口にチューしました。



れみちゃん
「もう一回して」



もう一回チューしました。



れみちゃん
「じゃ私からしてあげる」



ってれみちゃんからキスをしてきてそれはDKでした。舌を入れてきて初めての感覚に俺のチンコはもうフル勃起w



しかしこの後、どうして良いのか分からない悲しい童貞の性で・・・・



ヤマシタ
「じゃ・・・えっと帰るわ」



れみちゃん
「良いよ別に・・・エッチするぅ??」



ヤマシタ
「え・・・マジで????したいしたい!!!」



動揺したけど、素直に口に出しちゃいました!



れみちゃん
「wwwなんか可愛い。」



その後はベッドに並んで座って「好きにして良いよ」って言うのでオッパイを服の上から触ると



柔らかくてぽよーーんって感じの感触に感動しましたwwオッパイを揉みながらチューもしちゃいました。



れみちゃん
「脱いであげよっか??ってか脱げば?」



俺も慌てて服を脱ぎました。するとれみちゃんが俺に背中を向けています。



れみちゃん
「ブラ取って」



正直・・・どうやってやるのか分からないで固まってると



れみちゃん
「そのホックあるでしょ。そこを外すんだよ。」



言われた通りにすると簡単に外れました。れみちゃんが正面を向くとオッパイが!



無言で鷲掴みにして触ると



れみちゃん
「もうちょいww優しくww」



ベッドに押し倒してオッパイを舐めたり吸ったり揉んだりしてると



本当に微かだけど声が・・・・



れみちゃん
「ん・・・・んんっ」



この時に頭の中を落ち着かせて「AVみたいにすればいいんだ落ち着け」って自分に言い聞かせましたww



オッパイを揉んだりチューしたりしてるとれみちゃんが自分でパンツを脱いじゃいました。



これは触れって事なのかと思って・・・・恐る恐る指でオマンコを触ると



れみちゃん
「んーーん・・・んん」



指先にほんのちょっとだけど濡れた感触が・・・・これはマン汁なのかと・・・更に興奮



この時点で俺のチンコは可笑しいくらいにパツンパツンにフル勃起状態!



指を思い切って入れるとギュって感じでホールドされる感じに感動!しかもヌレヌレ



それを繰り返してると



れみちゃん
「舐めてあげようか??」



きたーーついにきた初フェラ!でもどうすれば良いのか分からないww



パンパンってれみちゃんが枕を叩くのでそこに寝ろって事かと思い寝ると直ぐにチンコをしゃぶってきました。



チョンチョンって舌先でつついてきたりゆっくりしゃぶってきたりして俺はもう既にヤバい状態w



れみちゃん
「凄い硬いwwこれ大丈夫だね」



れみちゃんがタンスの引き出しからゴムを持ってきました。



俺に渡してきたので着けようとしたんですが。。。なかなか上手く行かない



れみちゃん
「それねもっとこう強引に広げた方が良いよ。それでおチンチンに被せれば後はスルって行くよ多分」



言う通りにするとスルスルって降りて下までゴムが降りました。



ヤマシタ
「ええ・・・どうすればよろしいでしょうか?ww」



れみちゃん
「じゃ私、寝るね・・・・入れてみて」



チンコを持ってゆっくりオマンコの辺りにあてがい入れようとすると入らないww



入りそうで入らないw何度か繰り返していると、れみちゃんがチンコを持って「ココだよ」ってやってくれました。



チンコを持たれたまま腰をグッとすると入りました!マジで感動!



れみちゃん
「ん・・ぁ・・・・ぁ」



入れた感動で固まっていたのと、この時点でイキそうになってしまっていて動揺してると



れみちゃん
「どうしたの・・・動いていいんだよ。」



ヤマシタ
「既に・・ヤバいかも」



れみちゃん
「え・・・え??出ちゃうの?」



ヤマシタ
「(無言で頷く)」



れみちゃん
「あーそっかそっか・・・・じゃ良いよ出しちゃっても。」



マジで2、3回腰をフリ俺は出ちゃいましたww



れみちゃん
「あーー凄いかも」



ヤマシタ
「なにが??」



れみちゃん
「一杯出てるでしょ?」



ヤマシタ
「分かるの?」



れみちゃん
「そりゃ分かるでしょwwゴム有っても」



チンコを抜くとかなりの量の精子がゴムの中にw



れみちゃん
「おめでとうございますww童貞じゃないねこれで」



ヤマシタ
「あ・・・ありがとうございますww」



その後は抱き着いたりしてイチャイチャして泊まることに



シャワーも貸して貰って寝る事に・・・そうなるとまたする流れになると思って期待していたんですが・・



れみちゃんが既に寝ちゃいました。寝ている子を起こす勇気も無く俺も寝ちゃいました。



朝になって起きると、れみちゃんはまだ普通に寝ていました。



俺は帰ろうと思ったので優しく起こすと



れみちゃん
「え??あーー帰るの。私、今日は休みだから何にもないんだったらまだゆっくりしてても良いよ」



俺は大学が有ったんですが・・・そんな事を言われると無性に面倒になり大学を休むことにw


8日


この後にもう一回戦エッチをしました。二回戦目は初めての時とは違うある程度頑張れましたねw



昼過ぎまでお互い全裸で過ごしてその後は一緒に家を出て駅前でランチを食べて別れました。



れみちゃん
「私、平日休みだから休みの前の日だったら泊まりに来ても良いよ」



って言ってくれました。それから俺はちょっと忙しくて泊まりに行けてないんですが・・・



来週、泊まりに行く予定です。人生三回目のエッチをしたいと思ってますww



取りあえずは脱童貞出来ました!ありがとうございました。


③管理人コメント


お疲れ様でした。脱童貞出来て良かったですね!初彼女さんまたは初SFさんになるかもですね。貴重な体験談ありがとうございました。


ヤマシタさんが出会ったサイトはハッピーメール(18禁)です。

管理人やヤマシタさんがよく利用する出会い系サイトはコチラ

※各サイト多くの男女の会員がいます。

PCMAX←一先ずお試しはコチラがオススメ
(18禁)

ワクワクメール←直ぐに会いたい人にオススメ
(18禁)

ハッピーメール←ルックス重視や人妻系も好きな人にオススメ

(18禁)

各サイト無料ポイントやお得なキャンペーンが豊富です。サイトを複数お得に使って女の子をゲットしましょう。

各サイトを複数使えば合計で無料ポイントがかなりの数字になるので賢く使えてお得です。

この時に掛かった費用はこんな感じだそうです

サイトポイント代
1500円
交通費
1780円
飲食代
7200円
ラブホ代
0円

合計 10480円

※エッチするまでに掛かった費用合計です。

夏は心も体も開放的でエッチな出会いが満載!!

出会い系サイトで出会えるコツをコチラでご紹介してます。ご覧ください。利用女性インタビューも有ります。

たまには【素人】と遊ぶのもアリじゃないですか?

出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。30歳既婚の俺が年上好きのヨガインストラクターの小麦肌ギャルと飲んでからサクっとラブホ!(25歳ヨガインストラクターさおりちゃん)


出会い系体験談。新宿待ち合わせ。肉を食べない菜食主義のAカップのスレンダーアパレル販売員エッチは肉食系でエロ過ぎ!(25歳アパレル販売員さやちゃん)


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。彼氏持ちのハーフ系の顔立ちのJDギャルとお泊りエッチ二回戦!(21歳JDみわちゃん)


出会い系体験談。池袋待ち合わせ。早漏気味の俺が彼氏と別れて半年の麻木久仁子似の美乳アパレル販売員とエッチ!(27歳販売員まおちゃん)


出会い系体験談。川崎待ち合わせ。証券会社勤めのロリ系パイパンギャルをゲットして即ハメ!(24歳証券会社勤務さおりちゃん)


出会い系体験談。吉祥寺待ち合わせ。15歳年上の夫が居るオナニーは中派の伊達メガネが似合う美魔女風のセックスレス人妻と2回戦!(39歳人妻すずかさん)


出会い系体験談。新宿待ち合わせ。Wカップコロンビア戦劇的勝利の流れで美乳OLとホテルへ突撃!(25歳OLあいかちゃん)

出会い系でエロい女の子をゲットしてください。全然ゲットできちゃいます^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

風俗記事もお楽しみください。


出会い系体験談。山下公園待ち合わせ。28歳童貞の俺が年上のお姉さんに脱童貞させて貰ったしかもNS!(35歳OLまどかさん)

管理人コメント


今回は初投稿のオオタさんからの投稿になります。28歳にて脱童貞を果たした体験談です。是非最後までお読みください。


前回の体験談はコチラ


出会い系体験談。新宿待ち合わせ。バツイチの俺が佐藤江梨子似のドラッグストア勤務のF巨乳ギャルをゲット!(26歳販売員のぞみちゃん)

①まどかさんスペック


35歳独身の彼氏無し


年下の男が好きらしい


横浜在住で都内の会社に勤めているみたい


年齢より若いと思った


②体験談

今年やっと脱童貞を果たしたオオタです。28歳で脱童貞ってかなり遅いですよね?



でも俺の周りにもちょこちょこいます(笑)25歳以上でも童貞とか・・・俺もその一人で友達同士では童貞話はタブーになっていました。



だってなんか空しくなるじゃないですか。。。みんな口には出さないけど・・・「エッチしたい」訳ですけど



どうして良いのかわからないしキッカケがない・・・でもキッカケは自分で作るしかないって思いました。



何故そう思ったのかと言うと、仕事で有る企画を任されました。それは俺が発案した企画で最初から最後までやり遂げて



上司にも褒められちなみに給料もそれで上がりました。それは何げない会議での俺の一言から始まりました。



何げなく言った一言だったんですがそれが「キッカケ」です。そんな事が有り脱童貞も自分からキッカケを作らないとって意識が変わりました。



しかし・・・・恥ずかしながら女性とデートなんてほとんど経験が無く、大学時代にデートではないけど・・・



年下の同じサークルの女の子と二人でちょっと出かけたくらいしか経験が無いです。



キッカケ作りをしなければって思って・・・色々と考えました。風俗、出会い系サイト、出会いカフェ、SNS



どれも自分にはハードが高く感じられてどうして良いのか分からず居たんですが消去法で一番マシそうな・・・出会い系サイトにしました。



出会い系サイトなのだから、取りあえずは出会いを求めてる女性が居るのは必然なので、そう考えました。



勿論、童貞友達には内緒です(笑)



登録したサイトはハッピーメール(18禁)です。理由はたまたま雑誌に載っていたので登録しました。



登録したは良いですけど、どうして良いのか分からずコチラのブログや色々なモノを読んだりして



掲示板に書き込んだりするうちに、ちょこちょこ返事を貰えるようになったんですが・・・一つ問題が(笑)



女性経験が余りに無さ過ぎて・・・一体誰に的を絞れば良いのか分からず・・・みんなに良い顔をしてしまうんです。



童貞だって事とか言えるわけないので、極々普通な話をしたりしていました。



勝手な妄想というか想像で、年上のお姉さんの方が色々と童貞の俺にも配慮してくれるんじゃないか?って思いまして



35歳の独身OLのまどかさんに的を絞りました。LINE交換はまどかさんからしてくれたのでスムーズに行ったのも有ります。



そしてデートに誘ってくれたのもまどかさんでした。



まどかさん
「今度パンケーキ食べに行こうよ。甘いの平気?」



オオタ
「良いよ。甘いの大丈夫だよ。むしろ好きかも」



まどかさん
「スイーツ男子なの?じゃ知ってるお店かもね有名なお店だから」



そんな話をして会う日が決まりました。土曜日の昼過ぎに山下公園で待ち合わせしました。



こんな普通に文章にしてますが、俺の緊張は半端無くてドキドキがヤバかったです。



俺はビビりなので。。事前に写メ交換もしていません。



取りあえず服装とか髪型だけどちゃんとしようと思って前日に髪を切り、服は無難な全身アーバンリサーチで固めましたw



ドキドキしながら待っていると



まどかさん
「ごめんね。ちょっと遅れちゃうかも、もう着いてるかな?」



オオタ
「もういるけど全然大丈夫。待ってます!」



10分、いや15分くらい遅れて、今度はLINEで電話をしてきました。



まどかさん
「もしもーーし、あ、まどかでーす。どこにいるのかなぁ?」



辺りを見回すと。。電話をしながら歩いている女性が居たので



オオタ
「あ、ぁ、もしかしてええと花柄のワンピ着てる人?」



まどかさん
「ん??あーーそうそう!ここに居ればいいかな?」



花柄のワンピースを着ている女性がまどかさんだとわかったので、俺から声を掛ける事に



この時のドキドキは半端無かったですね。就職の面接みたいなテンションでしたww



オオタ
「まどかさん??どうも!!」



まどかさん
「あーーこんにちわ!!お待たせしてごめんなさい」



切れ長の目と黒髪が印象的なちょっとハーフっぽいキレイな女性でした。



まどかさん
「電車で来ようと思ったんだけど、遅刻しそうだったから車で来ちゃった」



まどかさん
「だけど遅れちゃったw駐車するところを探していて。ごめんね遅れて」



そんな話をしながら山下公園のすぐ近くのお店へ入りました。



けっこう混んでいて人気のお店みたいです。



まどかさん
「ここ知ってる??」



オオタ
「知らないww人気あるんだね」



まどかさん
「そうだねーーもともと有名だしね。何でも美味しいよ」



料理とパンケーキと飲み物をチョイス。ちなみにまどかさんが頼んでくれましたw



食べたら美味しい!!普通に美味いです。フワフワで美味かったです。



まどかさん
「良かった^^最近食べてなかったから食べたくて」



その後は山下公園をちょっと散歩しました。天気が良くて凄く気持ち良かったです!



少しだけ俺の緊張も解けてきてリラックス出来ました。



まどかさん
「天気良いねーー今日はこの後、時間有るの?」



オオタ
「有るよ。」



まどかさん
「そうなんだ。それなら天気良いし車で来たからちょっとドライブしようよ」



嬉しい展開になってドライブに行くことに



まどかさん
「運転する??免許ある?」



オオタ
「免許は有るけどペーパーだね」



まどかさん
「そっかじゃ危ないな――私が運転するね」



駐車場に行き、まどかさんの車に乗り込みました。車は外車でした。



オオタ
「これ高そうだね」



まどかさん
「高くない高くないw中古だから」



ベイブリッジを渡ったり海沿いをドライブしました。



その間、いろいろ話をしました。仕事の話だったりちょっとだけ恋愛の話をしたり



もっとも俺は恋愛経験はないので、ほぼそれは聞き役になりましたが(笑)



まどかさん
「そういえば住んでいるの〇〇だよね?」



※〇〇の部分はオオタさんのプライベートな部分になりますので伏字にさせて頂きます。ご了承ください。



オオタ
「そうだよ。」



まどかさん
「じゃ、帰り送ってあげるからうち寄っていく??」



「うち寄ってく?」この言葉の意味が一瞬分かりませんでした。



オオタ
「え???家?」



まどかさん
「そ、そうそう。ご飯でも食べようよ作るから」



こんな展開になりまどかさんの家へ行くことにちなみに俺が住んでいる所からは正反対の方角です。



まどかさんの家は横浜市内の割と栄えているエリアの1LDKのマンションでした。



内装がオシャレでリノベマンションだそうです。



まどかさん
「良いな――って思って勢いで買っちゃったww」



まどかさん
「女は家を買うと結婚できないって言われるけどねww」



部屋に入ってみると確かにオシャレでした。床とか壁がビンテージ系な感じで高そうです。



オオタ
「高そうだね。ココ」



まどかさん
「いやーーそうでもない築年数がヤバいからねw」



まどかさん
「辛いのとか平気??タイっぽいのとか?」



オオタ
「全然大丈夫!むしろ好きかも?」



まどかさん
「ホント?良かった。私もタイ料理とかあっち系の好きなんだ」



まどかさんが料理を作り始めて俺はその姿を見ながら話をしていました。



白いオシャレなエプロンを付けているまどかさんが可愛かったです。



この時俺は・・・実はものすごく緊張してきました・・・理由は



・女性の家に初めて来たから


・もしかしたら脱童貞出来るかもしれないから


・これは何かの罠で怖い人が出てくるかもしれないから


・このシュチュエーション自体に自分自身驚いているから


・エッチするにしてもちゃんと出来るか不安w



こんな感じの事が一気に気持ちの中に噴出してきてガチ緊張状態



40分くらいしたら出来ました。



ガパオライスとトムヤムクンスープとサラダです。



まどかさん
「じゃ食べよう!からかったらごめん」



食べてみると凄く美味しくて辛さもちょうどいい感じでした。



オオタ
「うまーーい!!!料理美味いんだね!!」



まどかさん
「ありがとう!良かった^^料理はうん好きかなーー」



美味しかったのであっという間に食べ終えると



まどかさん
「お代わりする、まだあるよ?」



って言われたので、せっかくならって思ってお皿を渡そうと中途半端に立ち上がった時に蓋が開いたままのドレッシングを倒してしまいました。



オオタ
「ぁーーやべっ!!!ごめん」



まどかさん
「あーーーいいよいいよ。私が拭くから良いよ」



って床にコボれたドレッシングを拭いているまどかさんを見ていたらちょっと胸元のブラが見えちゃいましたww



自分がこぼしたものを拭いてくれているのに不謹慎ですがツイツイ見てしまいました。薄いピンクのブラでした。



まどかさん
「うん。大丈夫大丈夫^^じゃお代わりね」



って俺のお代わりした分をよそってくれて美味しく食べました。



お礼に俺がお皿を洗う事にしました。



まどかさん
「良いの?ありがとう。」



俺がお皿を洗っていると隣にまどかさんが立っていて話しかけてきます。



まどかさん
「今まで付き合った彼女とかはどんな人なの?」



オオタ
「え・・・うーんまぁ付き合った事ないんだよねーーww」



まどかさん
「え??嘘でしょ?ホント?」



オオタ
「いやマジだよ。ホントにない28年間」



まどかさん
「そうなんだーーへぇーーへーーそうかーー」



オオタ
「あ、ごめん引いた??」



まどかさん
「あーーごめんごめん。そんな事ないよ。あ、ごめんって逆に変かww」



その後は、童貞だって事とか出会い系になんで登録したとか色々カミングアウトしましたw



まどかさん
「そっかーー全然そんな風に見えないねーーー」



洗い物が終わると



まどかさん
「お菓子食べる?」



ってお菓子とコーヒーを淹れてくれました。話していると



まどかさん
「キスとかしたこともないんだ?」



オオタ
「そりゃないよww」



まどかさん
「ふーーーん。じゃぁしてみる??」



オオタ
「え・・・ぁ・・・え??いやぁえ??」



まどかさん
「嫌だよねwwこんなオバサンじゃファーストキスだもんね」



オオタ
「そんな事ないよ。いやむしろ俺なんかとキスしてくれるの?」



まどかさん
「良いよしてみようよ。じゃどうぞ。こっちきて良いよ」



それで俺はまどかさんの隣の椅子に座りました。恐る恐る肩を持ってキスしました。



ホントかるーーいキスです。



まどかさん
「wwごちそうさまでした。」



そういうとまどかさんから今度はキスしてきました。軽いキスを一度して今度はDK



(うっおおおお!!!)って正直、心の中ではテンション上がりまくりでした。



今まで味わった事のない舌の感触と唾液が絡み合う感じ・・・・チンコが完全にフル勃起しちゃいました。



まどかさん
「どう??別に普通だよね。チューだもん。ギュってしてみる?」



促されるまま俺はまどかさんを椅子に座ったままギュって抱きしめました。



抱きしめ終わる時にまどかさんが見つめてきてキスしてきました。



そのまま何度も俺からもまどかさんからもキスをしまくる・・・・



正直俺のチンコがトランクスをはち切れそうなくらい勃起していましたw


まどかさん
「私が変な気持ちになってきちゃったwwあっち行かない?」



ってまどかさんの寝室だと思われる部屋を指さします。



手を持たれ部屋に誘われるままに部屋に入りました。ベッドやTVやクローゼットがが有る10畳くらいはある部屋でした。



ベッドに腰掛けてキスをして自然な形で横になります。



俺の上にちょっと乗るような感じでまどかさんが乗ってきました。キスをしてきて



まどかさん
「服、脱いじゃえば??」



そういわれたので服を自分で脱ぎました。



まどかさん
「あれ・・・パンツは脱がないの??」



オオタ
「正直・・・・今、ヤバい・・・」



まどかさん
「知ってるwwおっきくなってるねww」



ちょんちょんって俺のチンコをトランクスの上から触ってきました。



いやーーもうそれだけでイキそうになるくらいの感覚ww



無言でまどかさんが俺のトランクを脱がしてきました。



おもむろにチンコを握りいきなり咥えらえました!暖かくてフワフワしたようななんとも言えない感触で気持ちいいです!



まどかさん
「はう。ぅんあんぁあんうぐ」



なんていうかちょっと声を出しながら舐めるまどかさん



突然まどかさんが立ち上がって服を脱ぎ始めました。パンツもブラも脱いでスッポンポンに



初めてナマで見る女性の体です(母親以外)オッパイは少し垂れていると思ったけどキレイな感じで見とれちゃいました。



どうするのかと思っていたらイキなりそのまま上に乗って入れちゃいました。



まどかさん
「ぁーーーぁ・・・硬い・・・ぁあん」



まどかさん
「どう・・・ww変な感じ??」



オオタ
「え・・いやぁえ??気持ちい」



まどかさん
「動いてみる?」



オオタ
「え・・・・いやヤバいかなぁ」



まどかさん
「ん・・・動けない?」



オオタ
「イッちゃいそうかも・・・」



まどかさん
「うそーーー!?じゃ私が動けば良いかな」



そういうと腰を動かしてくれました。



まどかさん
「ぅっぁっあんっあんっぁっぁあん」



俺の手を取ってオッパイを触る様にしてくれました。



柔らかいオッパイの感触と硬くなっている乳首の感触が手に伝わりかなり興奮!



オオタ
「ぁ・・・・あ・・・イキそう・・・・」



まどかさん
「あ、ぅうん・・・いいよ。出ちゃいそう??」



オオタ
「ヤバいっイク!!!!」



そう言うとサッとまどかさんが立ち上がって、そのすぐ後に勢い良くドピューーーって凄い量の精子がww



中出しは回避できたっぽいです。その代わり俺の下半身とかシーツに精子がww



オオタ
「あーーごめん・・・・これ汚しちゃった」


20日


まどかさん
「いいよいいよ。洗濯すれば平気だよ。チューしよう」



キスをして余韻を楽しみました。脱童貞・・・何とか果たすことが出来ました。



まどかさん
「疲れたかな??」



オオタ
「うん・・・・」



正直、本当に疲れました。ほとんど何もしてないけどw



ベッドで横になって抱き合ったりして過ごしてから帰宅する事に



まどかさん
「送ってあげるね」



帰りはまどかさんが俺の家の前まで送ってくれました。



車の中でかなり濃厚なキスをして別れました。



まどかさん
「今日はすっごい眠れるかもねwwおやすみなさい。ばいばい」



家に帰った俺は興奮しっぱなしでまどかさんとの行為を思い出したり写真を見たりしてオナニーしちゃいました。



正直、俺は今、まどかさんにドハマり中で会ってはエッチを楽しんでます。



人生が変わったような気がします。本物のオマンコって凄いですね。



ありがとうございました。


③管理人コメント


お疲れ様でした。そしておめでとうございます!同じような方も是非参考にしてください。貴重な体験談ありがとうございました。


オオタさんが出会ったサイトはハッピーメール(18禁)です。

管理人やオオタさんがよく利用する出会い系サイトはコチラ

※各サイト多くの男女の会員がいます。

PCMAX←一先ずお試しはコチラがオススメ
(18禁)

ワクワクメール←直ぐに会いたい人にオススメ
(18禁)

ハッピーメール←ルックス重視や人妻系も好きな人にオススメ

(18禁)

各サイト無料ポイントやお得なキャンペーンが豊富です。サイトを複数お得に使って女の子をゲットしましょう。

各サイトを複数使えば合計で無料ポイントがかなりの数字になるので賢く使えてお得です。

この時に掛かった費用はこんな感じだそうです

サイトポイント代
1300円
交通費
560円
飲食代
5300円
ラブホ代
0円

合計 7160円

※エッチするまでに掛かった費用合計です。

夏までにセフレや彼女をゲット!!

出会い系サイトで出会えるコツをコチラでご紹介してます。ご覧ください。利用女性インタビューも有ります。

たまには【素人】と遊ぶのもアリじゃないですか?

出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。顔はダメだけどエロ写メを送ってくる人妻と昼間っからNTR!(35歳人妻ななこさん)


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。彼氏と別れたばっかりの騎乗位好きの美乳ギャルと二回戦!(24歳販売員めいちゃん)


出会い系体験談。新宿待ち合わせ。ラブホでサッカー観戦♪ローションでヌルヌルHが最高だった!(25歳フリーターみゆちゃん)


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。再就職活動中の巨乳のイキやすい元OLと二回戦!(26歳無職まほちゃん)


出会い系体験談。池袋待ち合わせ。ケツがエロい実はお堅い仕事のギャルOLとお泊り2回戦!(25歳OLあやなちゃん)


出会い系体験談。横浜みなとみらい待ち合わせ。夫の転勤で引っ越してきた人妻とデートからのラブホ♪(33歳人妻きみかちゃん)


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。鍛えるのとセックスが好きなギャルインストラクターと汗だく2回戦!+口内発射!(25歳インストラクターりかちゃん)

出会い系でエロい女の子をゲットしてください。全然ゲットできちゃいます^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

風俗記事もお楽しみください。










出会い系体験談。吉祥寺待ち合わせ。一回り以上年上の熟女に筆卸されて脱童貞!現在熟女にどハマり中(41歳バツイチOLみゆきさん)

管理人コメント


今回は脱童貞体験談になります。投稿者は24歳の最近まで童貞だったマツイさんです。
是非最後までお読みください。


前回の体験談はコチラ


出会い系体験談。高田馬場待ち合わせ。日本とフィリピンのハーフギャルと一回戦(25歳フリーターユリちゃん)

①みゆきさんスペック


41歳のバツイチ現在独身


仕事はOLで一人暮らし(子供は居ない)


写真より実際はキレイだった


熟女だけどそんな感じはしないキャピキャピ感も有る


②体験談

ビクビクしながらだけどかなりエロい気持ちを持って出会い系に登録したマツイです。

童貞を捨てよう捨てようと思って・・・いつの間にか24歳になりました。



ここは・・・もう誰でもいい訳じゃないけど適当な女性を相手にって思ったわけです。

なんか心情的に年齢が近い子は抵抗が有ったので出来れば年上の女性が良いなって思っていました。



登録したサイトはワクワクメール(18禁)です。



掲示板を覗いてはアタックするか躊躇する日々でした・・・だけど



「年下の若い男性いませんか?明日とか」



っていう書き込みを見て・・・何となくですけど直感でメールしました。

メールを送ると1時間以内くらいに返信が来てやり取りがスタートしました。



お互い連絡先交換して、ちゃんとした写真を交換しました。



みゆきさん
「ホント若いんだねえ^^いいのこんなオバサンでも?」



写真はみゆきさんは自撮り写真でした。自分の家で撮ったみたいな写真でした。

自分的には悪くはないかなってレベルでした。それから数日やり取りを繰り返していたら



みゆきさん
「彼女とかいないのホントに?」



マツイ
「本当にいないよだって俺、童貞だから(笑)」



暫くこれで返信がなかったので不安になりましたが。別に内容に問題がある訳では有りませんでした。ただお風呂に入っていたらしいです



みゆきさん
「そうなんだ。じゃ頑張って彼女作ろうって思っているんだね」



そんな会話の流れで「そろそろ会おう」って事になりました。二日後にお互い駅を使う吉祥寺で待ち合わせしました。



当日は平日金曜日でドキドキしちゃいました。仕事が午後2時くらいからは上の空でした。。。。

時間も過ぎるのが早くてあっというまに終業時間になって会社を出て吉祥寺へ



待ち合わせ場所で待っているとLINEの電話が鳴りました。出ると直ぐ目の前にみゆきさんが居ました。



みゆきさん
「こんばんわ!やっぱりそうだったんだ^^それっぽいなって思ったんだけど一応電話したんだ」



マツイ
「こんばんわ。俺、全然気が付かなかった(笑)」



みゆきさんは写真より全然キレイで可愛い女性でした。メイクのせいかもしれないですけど。

みゆきさんに案内されて居酒屋へ入りました。



みゆきさん
「モツ煮とかへいき??ここ美味しいんだぁ」



ホッピーを頼んでモツ煮込みを頼みました。



みゆきさん
「若いねーーホント^^じゃ乾杯しよっ!」



緊張している俺をリードしてくれているのか色々と趣味とか普段の仕事の話とかを沢山みゆきさんがしてくれましたし、聞いてくれました。



みゆきさん
「どんな女の子が好きなの?」



マツイ
「うーん優しい子がいいかなぁ」



みゆきさん
「そっかそっか優しいのが一番だよね。」



1時間くらいお店にいて二軒目へ行きました。

二軒目はちょっとBARっぽいお店です。混んでいたけど落ち着いた雰囲気のお店でした。



みゆきさん
「じゃ・・・そうだね私の働いている会社で良さそうな子がいたら紹介してあげよっか??若い子とかで」



マツイ
「お願いします(笑)みゆきさんはダメなの?」



みゆきさん
「ん??あはははっなに言っているの嫌でしょこんなおばさんww」



その後、お酒がけっこうすすんでしまい正直俺がかなり酔っ払いました(笑)



ごめんなさい・・・ここからどうやって、みゆきさんの家に行ったのか記憶が曖昧なので割愛します。

目が覚めたら知らない部屋にいて、ちょっと離れた所にみゆきさんが寝ていました。



俺はスーツ姿のままでした(笑)取りあえずはその日は考えるのが面倒になったので寝てしまいました。



みゆきさん
「起きてっ!!まだ寝てる?」



そんな感じで起こされました。



マツイ
「あ・・・いや・・俺きのうどうしたのか、ごめんなさい。なんか迷惑かけちゃった系だよね?」



みゆきさん
「そうだよww私の家に行きたいとか言い出してかなり酔っ払っていたから大変だったんだからタクシーに押し込んで私の家にとりあえず来て寝かせたんだよ」



みゆきさん
「覚えてないの?」



マツイ
「あんまり・・・・(笑)」



みゆきさん
「安心して何にもしてないからww」



時計を見たら朝の9時過ぎになってました。



みゆきさん
「ご飯つくってあげよっか?シャワー浴びてもいいよ」



何だかお母さんみたいな会話になりましたが・・・シャワーを浴びました。

シャワーから上がると、何か炒めているみたいでニンニクの良い匂いがしました。



みゆきさん
「適当に座っていてね。もう出来るからごめんね。普通なご飯でっww」



献立はご飯、味噌汁、卵焼き、野菜炒めでした。

普通に美味かったです!!



「美味い美味い」と連発すると



みゆきさん
「ほんと??これでも一応、元人の妻だからねwwこんなのでよかったらいつでも食べにおいでよ」



ご飯を食べてから少しマッタリ会話をしてお礼を良いその日は帰りました。



それから2週間後の週末の夜に、みゆきさんの家に行く事になりました。



みゆきさん
「鍋でも食べない、おいでよ」



って誘われたので出掛けました。一度会ってからは間をあけず連絡を頻繁にしてました。

夕方前に家に行くと



みゆきさん
「じゃちょっと買い物行こう」



近くのスーパーに行って買い物をしました。チゲ鍋を作ることになりました。

買い物から帰って、野菜を切ったりお肉をちょっと切ったりしたりご飯を炊いたりしました。



なんかこんなコトをしていると、カップルとか夫婦みたいだなとか童貞のくせに思ってしまいましたww

鍋が出来てビールで乾杯しました。グツグツと音を立ててとってもいい匂いがします。



みゆきさん
「これ多分スープが美味いから飲んでみて」



スープがかなり本当に美味かったです!!既製品のスープをブレンドしたみたいです。

けっこう満腹になってゴロゴロしながらTVを見てました。



みゆきさん
「きょう泊まっていく?いいよ別にそれでも」



前に何かのサイトで女性が男を泊めるっていうのはOKサインっていうのを読んだ事が有ったので

それを思い出して・・・にわかにドキドキしてしまいました。



何故か俺は曖昧な返事をしちゃいました。。。



みゆきさん
「いや別にイヤならいいんだけど・・・」



なんかちょっと残念そうな言い方でした。



マツイ
「全然イヤじゃないから泊まっていくよ」



みゆきさん
「ホント??それならお風呂沸かしてあげるね」



お風呂にお互い別々にとりあえずは入って、TVでやっていた映画を観たりして過ごしました。

11時を周ってニュース番組が始まりました。



次の日は日曜日でお互い休みなので「明日はなにする予定?」みたいな話をしていたら何となく眠くなってきたので



みゆきさんが灯りを消しました。この時点ではみゆきさんはベッドで俺はその下に布団を敷いて寝ていました。



どちらからともなく「おやすみ」って会話になり。目を瞑っていると



みゆきさん
「ねえ、そっち行ってもいいかな、なんか眠れないからいいかな」



かなり・・・「え??どういう事?」とか思いましたが、みゆきさんが普通に布団に入ってきました。

いきなり俺は恥ずかしくなってしまって・・・背中を向けたままにしてました。俺の背中にピタってくっ付いてきて俺のドキドキ感がヤバイ感じになってました。



これは・・・・そういう事なのか・・・・どのタイミングで体勢を変えようか考えまくってましたww

思い切って体勢を変えて、みゆきさんと対面状態になると当たり前ですが物凄い顔が近かったです。暫くぼけっとしていると



みゆきさん
「いいんだよww触っても」



そう言って俺の手を持ってくれました。俺は若干ですけど寝ているフリですww

俺の手を自分のオッパイに持っていったみゆきさん・・・・そんなに大きくはないけど柔らかい初めての感触でした。



いきなり、みゆきさんがチューしてきました。軽い感じのですけど



みゆきさん
「知ってるよ。起きてるでしょ??だって手が微妙に震えてるよ」



バレていました(笑)手も緊張して震えていました。

ぱっと目を俺が開けて、もうたまらない感じになっていたので思いっきりチューしました。



みゆきさん
「うっううん」



みゆきさんが俺の手を持ってオマンコのある股の間に挟みました。



みゆきさん
「触って・・・お願い」



お願いしたいのは俺の方です正直・・・だってどうしていいのか分からないし

だけどAVを見て培った知識をフルに使ってパジャマの上からオマンコ辺りをスリスリしました。



みゆきさん
「あん・・・あん・・はぁ」



またみゆきさんが俺の手を取ってパジャマの中に手を入れさせました。

普通にパンツが手に触れました・・・・上からスリスリしていると・・・



みゆきさん
「はぁ・・・・・あん・・・」



突然、みゆきさんが上着のパジャマのボタンを外して脱いじゃいました。俺の服も脱がしてくれました。



お互い下着姿になって更に密着して抱き合ってからまた手を取ってきました。



みゆきさん
「いいんだよ。好きにして・・・好きにして欲しい」



かなりこの言葉ががつーーんってきてしまってその後は獣のようにむさぼりついてしました。

思い切って下着の中に手を入れてマンコの方に指を近づけると当たり前ですけどヘアーがww

ちょっとそれにビックリというか内心ドキドキしちゃいました。



指でこの辺りかな?って所でちょんちょんって触ると触るたびに



みゆきさん
「あっあ・・・あん」



ってやらしい声を出します。

俺が布団に潜り込んでいたら



みゆきさん
「ベッドにしよう・・・・・この布団狭いよねwwごめんね」



ってベッドに移動して暗いからってちょっと部屋を明るくしてくれました。間接照明みたいなので

初めてマジマジと見る女性の裸に興奮しました。比べようがないけど・・・やっぱり若くはないのかなとは思いましたが・・・



ベッドに移動してまた密着してチューを繰り返しまたエンジンがかかったのでオマンコに指をやりいれると



そこは熱かったです・・・熱いとしかいいようがないですし、濡れていました。



中指をマンコから出して見るとなんかネバネバしたものが指にまとわりついてました。



みゆきさん
「見てるの・・・恥ずかしい・・・もっとして」



中指で・・・愛撫していると空いている左手をそっとみゆきさんがオッパイの近辺にもって行きました。



こっちも愛撫してって合図みたいでした。おっぱいに吸い付いてチューしたり舐めたりしました。



みゆきさん
「おっきくしてあげようか」



フェラをして貰う感じになったら・・・



みゆきさん
「うわ・・・もうこんなに大きくなってるよ」



って言いながら舌でペロペロ舐めてくれました。この時「あれ・・・・俺ちゃんと洗ったよね」とか色々考えちゃいました。



初めてのフェラはくすぐったいやら気持ちいいやらで変な感じでした。



この後はチンチンをマンコに入れる手順なんですけど・・・・いかんせんどうしたらいいやらで戸惑っていると



みゆきさん
「これ着けて出来る?」



とゴムを渡してきました。それでゴムを着け様とすると中々上手くいかず何とか付けれたら取れちゃったりして



微妙な感じになりました。すると



みゆきさん
「じゃやってあげるよ」



って優しく言ってくれてちゃんとしっかり着けてくれました。しっかりフィットして大丈夫そうな感じになりました。



っていうかそのゴムを着けて貰うときもチンチンを触って貰っていてちょっとシコシコしてる感じになったので



この時点で出ちゃいそうになりました(笑)必死に我慢しましたが。



みゆきさんが横になって正常位の体勢になりました。チンコを持ってくれてオマンコに誘って挿入!

入れた瞬間は凄くすごーく変な感触でした。



みゆきさん
「いいよ。好きに動いていいよちゃんと入っているから」



ゆっくり腰を動かすとにゅーーって感じでチンコがマンコに吸い込まれていく感じました。

その後、多少リズムを着けて腰を動かすと



みゆきさん
「はぁ・・・・はぁぁあん・・上手・・・もっとしていいよ」



いやらしい声で喘いでくれるので・・・たまらなくなってきました。



そして次の瞬間・・・出てしまいました。自分の意図したタイミングではなく出ちゃいました。

メチャクチャ恥ずかしくて・・・・そう告げると



みゆきさん
「出ちゃった??うん^^キスして」



と言ってきました。優しくキスをするとチンコを持ってくれて抜いてくれました。

これで脱童貞できたと思うと感慨深くなりました。お礼を言うと



みゆきさん
「wwそんなお礼なんていいのよ^^こんなオバサンが初体験の相手でごめんね」



その後はみゆきさんが



みゆきさん
「もう一回する、若いから平気でしょ?」



ってお誘いを受けたのでもう一回戦しました。今度はゴムも自分で装着できたし・・・クンニも初めてしました。


1507153589

なんていうかグロいですね。オマンコって・・・匂いはさほどなかったけど接近してみると凄いですね動いていたりして・・・



これも慣れなのかなと思います。体位はバックをしたんですけど、上手く入れられずみゆきさんに手伝って貰いました。



お尻の不思議な感触とバックはバックでチンコを入れた感じが違うのでけっこう気持ちが良くて早めに出ちゃいました。


ぐっすりその後はくっ付きながら寝て、次の日のお昼まで一緒にいて帰宅しました。


今は週末になると、みゆきさんの家に泊まりに行くようになりました。もっとエッチな事をしてみたいです。脱童貞出来て本当に嬉しいです。年上女性にして正解でした。


③管理人コメント


お疲れ様でした。脱童貞おめでとうございます。優しく教えてくれるから良いですよねきっと、同年代より変に緊張しなくて良かったんではないのでしょうか?貴重な体験談ありがとうございました。


マツイさんが出会ったサイトはワクワクメール(18禁)です。

管理人やマツイさんがよく利用する出会い系サイトはコチラ

※各サイト多くの男女の会員がいます。

PCMAX←一先ずお試しはコチラがオススメ
(18禁)

ワクワクメール←すぐ会いたい人や年下好きにオススメ
(18禁)

ハッピーメール←抜群の知名度でギャルから人妻まで選び放題守備範囲広い人にオススメ!

(18禁)

各サイト無料ポイントやお得なキャンペーンが豊富です。サイトを複数お得に使って女の子をゲットしましょう。

各サイトを複数使えば合計で無料ポイントがかなりの数字になるので賢く使えてお得です。

この時に掛かった費用はこんな感じだそうです

サイトポイント代
800円
交通費
1200円
飲食代
4800円
ラブホ代
0円(自宅の為)

合計 6800円

※エッチするまでに掛かった費用合計です。

秋は出会いの季節!夏に乗りそびれた寂しい女の子をゲット!!

出会い系サイトで出会えるコツをコチラでご紹介してます。ご覧ください。利用女性インタビューも有ります。

たまには【素人】と遊ぶのもアリじゃないですか?

出会い系体験談。高田馬場待ち合わせ。日本とフィリピンのハーフギャルと一回戦(25歳フリーターユリちゃん)


出会い系体験談。都内待ち合わせ。ギャルとお台場デートから良い感じでラブホでオモチャを使った濃厚2回戦!(24歳販売員りこちゃん)


出会い系体験談。蒲田待ち合わせ。30歳の子持ちGカップ巨乳美人人妻とセックスレス解消濃厚エッチ(30歳人妻まほさん)


出会い系体験談。新宿待ち合わせ。寂しがり屋の専門学生と一緒にごはんから自宅に誘ってコスパ良くラブラブエッチ(23歳専門学生しおりちゃん)


出会い系体験談。上野待ち合わせ。ややポチャなFカップ巨乳ギャルと二回戦!(23歳インストラクターさやちゃん)


出会い系体験談。川崎待ち合わせ。お騒がせ議員の元SPEEDの今井絵里子似のOLとの出会い一緒に勉強して一線も越えた!(26歳OLななちゃん)


出会い系体験談。新宿待ち合わせ。軽いノリのキャバ嬢の愚痴を聞いてあげて最後は締めストレス発散SEX2回戦(23歳キャバ嬢あかねちゃん)

出会い系でエロい女の子をゲットしてください。全然ゲットできちゃいます^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

風俗記事もお楽しみください。


出会い系体験談。川崎待ち合わせ。34歳童貞銀行員の俺が同じ年の女性と出会ってやっと脱童貞!(34歳OLミホさん)

管理人コメント


今回は34歳にして出会い系で脱童貞を果たしたヤスさんからの投稿になります。
是非最後までお読みください。


前回の体験談はコチラ


出会い系体験談。池袋待ち合わせ。クンニが大好きなFカップOLはクリ攻めが大好き!(28歳OLマナちゃん)

①ミホさんスペック


34歳の独身OL


自称こじらせ女子らしい


婚期は有ったものの見事に上手く行かず独身


細身体型で明るい性格で優しくリードして貰った


②体験談

34歳の銀行員のヤスと言います。30歳超えても童貞で・・・30歳超えた時に「魔法使えるのかな?」とか



馬鹿な事を考えましたが・・・つい最近まで童貞で当然、魔法も使えず仕事も極々普通に年功序列で多少は出世している男です。



しかし・・・自分の中で女性を知らないという事は凄くマイナスに心理的に動いてました。

誰にでも相談出来ませんでしたし・・・大学からの友達には悲しい嘘を付いたりしました。


風俗には一度だけ行った事が有ります。ヘルスというジャンルの風俗です。

ですから挿入という体験は今までありませんでした。だけどコチラのブログやら様々なエッチなブログを拝見しては興奮だけしているような男でした。


コンビニで売っているようなエロ本を読んでは無料の付属DVDを見たり無料動画を見たりして

興奮を抑えてるような小心者でした。ある日、雑誌に載っていた出会い系の体験談を見て・・・・おっかなビックリサイトに登録しました。



登録して出会ったサイトはハッピーメール(18禁)でした。



女性慣れしてないので・・・中々女性とは出会えず登録してからは全然ダメダメでした。

だけど・・・ポイントを購入してはまた頑張ってやり取りを続けてやっと女性と会うことが出来るようになりました。



同じ年で割と近場に住んでいる事が分かり会話も弾んだ、ミホさんです。

土曜日の夕方にJR川崎駅近辺で待ち合わせをしました。



待ち合わせしたは良いけど、どんな服装をして良いのか分からず・・・今思うともっと考えればいいんですけどスーツで行きました。



別にオシャレなスーツではなく・・・仕事でいつも着ているスーツです。2着で9万とかのスーツです。

待ち合わせ場所に現れたミホさんは、白っぽいシャツに黒のスカート姿でした。アクセサリーなんかも着けていて大人の女性でした。



写真は怖くて交換なんてしてなかったので・・・いや、ちゃんと会えたって事が嬉しかったのを覚えています。



ヤス
「初めましてヤスです」



ミホさん
「こんばんわ。ミホです^^どうも」



近場の居酒屋へ行きとりあえず食事とお酒を飲むことになりました。



ミホさん
「今日はお仕事だったの??スーツだから」



ヤス
「いやそういう訳じゃなくて、なに着て良いのか分からなくて」



ミホさん
「あ、そうなんだ^^でも似合っているよいいじゃんスーツ似合う男性は素敵だよ」



ヤス
「いやそんな、ありがとう。ミホさんは休みだったんだよね?」



ミホさん
「うんうん。そうそう^^お休み。だから今日は髪を切りにいってきたの」



ミホさんは明るい性格でドンドンと話をリードしてくれて仕事の話とかプライベートの話とかをしてくれました。



好きなアーティストが同じっていう事も有って話が盛り上がりました。



ミホさん
「じゃこの後、よかったらカラオケいこうよ最近行ってないから行きたいな」



正直・・・俺は緊張していたのでカラオケは厳しいと思ったんですが・・・・ここで断るようではダメだと自分にムチを打ちカラオケに行く事に・・・



そしてカラオケに行き、自分たちが好きなアーティストの歌を交互にお互いリクエストをしたりして歌いました。



最初は緊張したけど、ミホさんがノリが良く歌ってくれるので俺も何とか歌えました。途中からはけっこう楽しくなりましたね。



この後が大事なんですよね・・・・それは分かっていました。次の展開です。つまりホテルというかそういう雰囲気が分からないので・・・



そしてカラオケが終わりお店を出ました。カラオケ屋はビルの2階に有りエレベーターを使おうと思ったんですが団体客が多数いたので階段の方が早いと思ったので、階段を二人で下りました。階段を下りながらぼそって言いました・・・



いや、、、正直ぼそってしか言えないくらい緊張していたので



ヤス
「あの・・・この後、泊まっていかない?」



ミホさん
「ん??え??なになに?どうしたの?」



ミホさん
「そういうのはいきなりはちょっとごめんなさい。そういうの直ぐしちゃう人なの?」



ヤス
「ごめん・・・そういうんじゃ・・・」



ミホさんはちょっとムッとした顔だ足早に歩いて行きました。慌てて俺は追いかけて謝罪をしました。



ミホさん
「そんなに謝らないで・・・いいからもう。じゃ今日は帰りましょう。」



そのまま無言で駅まで行きそこで別れました。でも帰り際には笑顔で挨拶をしてくれました。

その時に連絡先交換は出来たんですけど・・・ブロックとかされちゃうんじゃって思いながら、または返信とかないんじゃないかなとか考えたんですけど



連絡がミホさんから着ました。その日のお礼とまた機会が有れば会いましょうという内容でした。

それから数日に一度くらいは何となくやり取りを続けました。どうにか会うような展開にしたいと思って探っていたんですけど



そのタイミングが分かりませんでした。。。。そして俺が上司と一緒に関西方面に出張になり、せっかくだからとお土産をミホさんに買いました。



ヤス
「ちょっとお土産を買ったので渡したいから会いたいな」



お土産は八つ橋です。



ミホさん
「ありがとう!いいの?八つ橋好きだから嬉しいな!じゃ近日お願いします。」



話がトントンそこは進んで、金曜日の夜に会うことになりました。お互い仕事帰りでスーツ姿でした。

また川崎で待ち合わせをしました。



ミホさんが好きだというお寿司屋さんに入りました。八つ橋を渡すと



ミホさん
「ありがとう!わざわざごめんね。なんか嬉しいなぁ」



と目を細めて喜んでくれました。



その日も食事をしてからカラオケに行く流れになってその日は色々なアーティストの歌を歌いました。



そして帰るときになってお店を出て帰ろうとしたら



ミホさん
「今日は泊まろうって言わないんだね(笑)」



ヤス
「え・・・いや、あれは凄く反省したから言わないよ」



ミホさん
「そうなんだ。別にいいよ今夜は・・・」



ヤス
「え・・・」



俺はビックリして立ち止まってしまいました。だって心の準備とかが全く出来てなかったので。。



ヤス
「え・・・いや、ええと・・ホントに?」



ミホさん
「うん。忙しいなら良いよ今夜は別に」



ヤス
「全然大丈夫!!泊まりたい!」



こういう展開になり、俺の心臓というか色々な臓器がドキドキドクドクと蠢き始めました・・・

そして蠢いていた臓器が鼓動を激しく打ち始めました。。。正直ちょっと手が震えていたかも。



そして突然ミホさんが俺の腕を掴んで組んできました。ピタってくっ付く感じです。



ヤス
「ひやぁあっ!」



ビックリして声を出しちゃいました・・・・



ミホさん
「どうしたの(笑)そんなにビックリして」



ラブホテルを探して入りました。自分の足が自分の足じゃないみたいに浮き足立っていましたね・・・いや本当にこれが浮き足立つという感覚だと分かりました。



部屋なんて選ぶ余裕はなかったのでミホさんに選んで貰いました。。

エレベーターに乗ったら



ミホさん
「すっごい汗かいてるよ、首汗凄いよ、大丈夫?」



そりゃ汗をかきます。。。相当だったと思います。

部屋に入るとそこは異空間でした。初めてのラブホテルです。エロビデオとかで見る世界です。



ミホさん
「キレイな部屋でよかったね^^」



俺はソファーに座って緊張の余りベラベラと色々と話をしちゃいました・・感情のコントロールができない感じだったのでミホさんは笑って話を聞いてくれて冷蔵庫からビールを取り出して二人で飲みました。



ミホさん
「お風呂のお湯ためないとねっ」



ってお風呂に向かいました。お湯が出る音がしてミホさんが戻ってきました。

数十分経ったころお風呂のお湯が貯まりいよいよお風呂に入る感じになりました。



ミホさん
「じゃ入ろうか?」



俺は正直・・・服を脱ぐのが怖かったです。別にただ脱ぐだけだけど・・・恥ずかしい気持ちが上回っていました。



だけどそれを察せられないように自然に振舞いました。

服を脱いで、先に浴室に入りました。カラダを洗っていると



ミホさん
「あーーこれ忘れちゃった」



って言って泡風呂になる薬品を持ってきました。ホテルにあるみたいですね。



ミホさん
「これ今から入れても泡風呂になるのかな?」



ヤス
「大丈夫じゃないかな」



大丈夫かどうかなんて俺は知りません・・・・



それをミホさんが入れてジャグジーのボタンを押すと泡が出てきました。



ミホさん
「あ、これ多少はダメかもだけどイケルかもね」



俺は体を洗い終わって立っていると



ミホさん
「あ、いいよ私を待ってなくて先にお風呂入ってね」



一人でお風呂に入ってミホさんがカラダを洗っているのを見ていました。



ミホさんは白い肌をしていてキレイなカラダをしていました。細身の体型だと思います。

その後にミホさんがお風呂に入ってきました。



ミホさん
「うん、まぁこんなもんかぁーやっぱり最初にお湯を出す前に入れておく奴だったみたいだね泡のやつ」



ヤス
「そうみたいだね・・・」



ミホさん
「そっち行ってもいい?」



って言って俺の方にミホさんがきました。凄く密着してきて体を預けてきました。



ミホさん
「あ・・意外に筋肉あるんだね!!鍛えてるの?」



俺の腕を触ってきました。筋トレは好きでけっこうやっています。

そしてお風呂から出ました。キスをするべきかしないべきか悩みましたが出来ませんでした(笑)



ミホさん
「あーーー涼しい!!」



ミホさんは少し涼んでから髪をドライヤーで乾かしてました。

俺はどうしていいのか分からずベッドでスマホを弄っていました。しばらくするとベッドにミホさんがやってきてスマホを覗いてきました。



その時に俺は日経平均を見ていました。



ミホさん
「さすが仕事柄、そういうのちゃんとチェックするんだねっ」



それから株に対して色々質問してきたので、分かる範囲の事を色々教えてあげました。仕組みとか種類とかですね。



ミホさん
「凄いやっぱり詳しいんだね!私は一般的な事しか知らないからカッコいいね」



カッコいいとか言われると照れてしまいますね。。。



暫く沈黙が続いてミホさんが俺の上にちょっと乗っかるような感じでキスをしてきました。

一瞬・・・・「う」って思ったんですが・・・そこからは俺もキスをしてなんとなく始まるような雰囲気になりました。



キスを続けていると俺の手を取ってミホさんがオッパイに持って行きました。

優しく揉んだりすると、ミホさんがちょっと声が出てくるような感じになりました。



自分自身に冷静になれと言い聞かせて、AVを思い出しながら愛撫をしました。

正直無我夢中でどうしたのか覚えていませ。ただ覚えているのはオマンコに指を入れた瞬間です。

なんともいえない感触で・・・ベットリと濡れていました。



ミホさん
「優しくしてね・・・あん・・・あん」



無我夢中で指マンをして、ほどよい頃にフェラチオをして貰いました。緊張のあまりチンコの勃起が弱くて変な感じになってました。



一生懸命、俺のチンコを咥えてくれて・・・舐めてくれました。手を余り使わない感じで段々気持ちよくなってきて勃起しました。



ゴムをミホさんが付けてくれました。



そして正常位で挿入の時になって、ここでトラブルが・・・・



正直・・・どう入れていいのか分からず・・・自分では入れているつもりなんですが入らないんです。

チンコがオマンコに入らないんです・・・試行錯誤していると



ミホさんがそっとチンコを優しく掴んでくれてオマンコの入り口の所まで持ってきてくれました。



ミホさん
「ゆっくりしてみて。ちゃんと持ってゆっくりだよ」



何とか入りました・・・・入ったことに自分で驚いてしまって



ヤス
「入ったぁ」



って小さく叫んでしまいました。



そしてゆっくり腰を動かしました。



ミホさん
「あ・・・あっああ。。」



声が出て感じているミホさんを見ていたら・・・・もうダメで暴発しちゃいました。



ヤス
「あの・・・出ちゃった」



ミホさん
「え??なに??え??うそーーーー????」



チンコを抜くとミホさんが俺のコンドームが被っているチンコを見てきて



ミホさん
「あ、ホントだ(笑)あ・・・そうなんだ。ふーーん」



なんかちょっと変な沈黙が有って・・・・キマヅイ雰囲気に



ヤス
「あの・・・俺・・・初めてだったんだよね。ごめんっ!!!」



ミホさん
「あーーーそうなんだっ!!やっぱり!なんかそうなのかなぁってちょっと思っていたんだ」



ミホさん
「(笑)ごめんね。ちょっと笑って。。。ホントに?」



その後は色々と何で今まで童貞だったのか話しました。



ミホさん
「リアルにそういう人っているんだねーー前にTVとかでそういう男性が多いってやっていたもん」



ミホさん
「ぶっちゃけ、初体験はどうでしたか?」



ミホさんがふざけて手でマイクの形を取ってインタビューしてきました。



ヤス
「ええと・・・気持ちよかったです!!」



ミホさん
「あーー良かったそれならっ!!うんうんなんか最初って何でも大事だもんね」


1505860772


その後は朝まで色々と話したりしました。ここで面白かったのはお互いずっと全裸でしたね。



朝になってまた一緒にお風呂に入りました。ニ度目の混浴はリラックスできてキスをしたりしました。

でも、まだ緊張しまくりでしたけど。



そして一緒に駅まで歩いて帰宅しました。

そしてこの数日後にも会って今度はしっかりと、何がしっかりか分からないですがHをすることができました。



色々と今後の展開に期待が持てそうです。今、凄く楽しいです。なんか人生が楽しく感じます。

脱童貞するだけで、色々見るものや感じるものが変わるんだなって実感してます。



長文になってしまいましたが・・・最後まで読んでくださった方がいましたらありがとうございました。

これからはエッチを沢山したいと思います。


③管理人コメント


お疲れ様でした。おめでとうございます!!人間ちょっとした事でモノの見方とか色々変わりますよね。
それと優しい素敵な女性と出会えてよかったですね。頑張ってください。レポありがとうございました。

ヤスさんが出会ったサイトは
ハッピーメール(18禁)です。

管理人やヤスさんがよく利用する出会い系サイトはコチラ

※各サイト多くの男女の会員がいます。

PCMAX←一先ずお試しはコチラがオススメ
(18禁)

ワクワクメール←すぐ会いたい人や年下好きにオススメ
(18禁)

ハッピーメール←抜群の知名度でギャルから人妻まで選び放題守備範囲広い人にオススメ!

(18禁)

各サイト無料ポイントやお得なキャンペーンが豊富です。サイトを複数お得に使って女の子をゲットしましょう。

各サイトを複数使えば合計で無料ポイントがかなりの数字になるので賢く使えてお得です。

この時に掛かった費用はこんな感じだそうです

サイトポイント代
2500円
交通費
1300円
飲食代
18000円
ラブホ代
12000円

合計 33800円

※エッチするまでに掛かった費用合計です。

秋は出会いの季節!夏に乗りそびれた寂しい女の子をゲット!!

出会い系サイトで出会えるコツをコチラでご紹介してます。ご覧ください。利用女性インタビューも有ります。

たまには【素人】と遊ぶのもアリじゃないですか?

出会い系体験談。池袋待ち合わせ。クンニが大好きなFカップOLはクリ攻めが大好き!(28歳OLマナちゃん)


出会い系体験談。戸塚待ち合わせ。タレントのはしのえみ似のバツイチ子持ちオンナとの出会い。最後は何故か喧嘩別れ(笑)だけどしっかり一回戦!(34歳バツイチ友美さん)


出会い系体験談。藤沢市内待ち合わせ。30代だけど見た目若いセレブっぽい人妻と一期一会の出会い(34歳人妻あやかさん)


出会い系体験談。原宿待ち合わせ。夏休みでヒマそうなピチピチ大学生(JD)実は意識高い系女子をゲット!(21歳大学生ユリナちゃん)


出会い系体験談。恵比寿待ち合わせ。美容師見習いの金の無い俺がしょこたん似のアナル舐めや前立腺マッサージもしちゃうエロいギャルとヤッた!(23歳フリーターこうなちゃん)


出会い系体験談。鎌ヶ谷待ち合わせ。欲求不満の郊外に住んでいる人妻が狙い目!女優戸田恵子似の人妻と濃厚一回戦!(36歳人妻怜奈さん)


出会い系体験談。品川待ち合わせ。10年ぶりくらいの出会い系利用で巨乳OLを家に誘って昼間から2回戦しちゃいました。(24歳OLせいらちゃん)

出会い系でエロい女の子をゲットしてください。全然ゲットできちゃいます^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

風俗記事もお楽しみください。


出会い系体験談。横浜みなとみらい待ち合わせ。優しい年上のお姉さんに筆卸されて脱童貞!(26歳OLあやかさん)

管理人コメント

今回は出会い系で脱童貞をされた体験談を投稿してくださったトミーさんです。是非最後までお読みください。


前回の体験談はコチラ


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。AV女優坂口杏里(ANRI)似のマッチョ好きギャルをゲット(25歳販売員ゆいちゃん)

①あやかさん


年齢は26歳でOL


独身で彼氏は半年くらい居ないらしい


市内に一人暮らし


性格が優しくてお嫁さんにしたいと思った


②体験談

初めましてトミーって言います。脱童貞を最近ホントに最近やっとしました。

年齢は24歳で大学院に通っています。理系の研究をしています。



自分の性格は真面目っていうか周りからも真面目って言われるくらい真面目で女の子にも冗談も余り上手く言えない感じです。

だから女性経験がないまま二十歳を迎え、それで最近まで童貞でした。

本音は早くしたくしたくしたくてしたくて堪りませんでした。



エッチなDVDを見ても童貞なのは変わらないし風俗に行きたいけど・・・その勇気がなくて

いいなーーいいなー風俗とか行きたいなーと思っていつもコチラのブログの風俗体験談を見ていました。

出会い系の体験談も楽しく見ていて・・・たまにですけど脱童貞する人もいるので頑張ってみようと思いました。



とりあえず登録したサイトはワクワクメール(18禁)でした。



登録してみたものの・・・どうしていいのやら分からず暫く放置していました。

するとたまーーにですけど、ボーナスポイントみたいなのが貰えたりしてポイントが溜まって来たので

何かキッカケが有れば本当に利用しようと思っていました。

長く掛かっていたレポートを提出してからやろうと決めて頑張りましてレポートを提出しました。



教授にも褒めて頂き満足出来たので、決心をしてサイトを本格的に利用しようと思いました。

なるべく・・・・なるべく普通っぽい人にしようと思って。。最初にメールしたのがあやかさんでした。

今、思えばラッキーだったのかもしれないです。



トミー
「初めまして、良かったら仲良くしてください。まだ慣れてないので不慣れですが宜しくお願いします」



すると2時間後くらいにメールが返って着ました。



あやかさん
「初めまして。あやかです。こちらこそ宜しくお願いします。私も余り慣れていないです^^」



ちょこっとお互い自己紹介をしたらあやかさん俺の2つ上で普通に社会人として働いているOLさんです。

彼氏居ないことも確認しました。



あやかさん
「彼氏いたらここにいないでしょww」



言われてみたらそうかもですね・・・でも人妻さんとかも居るので一応聞いてみました。

そして連絡先交換も何とか出来て、そこからけっこう頻繁にLINEでやり取りするようになりました。

でも、挨拶程度の他愛もないものでしたけど。

そしてある日の平日の7時過ぎくらいに、あやかさんからLINEが



あやかさん
「○○くん、今はお家かな、嫌じゃなかったらLINEで電話で話さない?」

※○○くんの部分はトミーさんの本名なので伏せております。ご了承ください。



思いがけない・・・お誘いでちょっと緊張してしまって嘘を付いて断ろうかと思いましたが・・・

本音では話してみたい!!そう思ったので・・・勇気を出しました。

すると電話が直ぐに掛かってきました。



トミー
「もしもし・・・あやかさん?」



あやかさん
「あ、もしもし、あやかです^^突然ごめんね」



優しそうな明るい声に安心しました・・・いやマジで安心しました。

何を話していいのかモジモジしていると・・・

あやかさんからけっこうドンドン話をしてくれました。



トミー
「今は何をしてるの?」



あやかさん
「ん?今はね~歩いてるの。いつもはバスに乗るんだけどダイエットしてるから歩いてるの運動不足だからね^^



あやかさん
「ごめんね。ちょっと暇つぶしみたいに聴こえたかもだけどww」



トミー
「いや、全然・・・そんな俺も話してみたいなーって思っていたから」



あやかさん
「ほんと??それなら良かった迷惑かなーーってちょっと思ったから」



15分弱くらい電話で話しました。

あやかさんが俺の写真が見たいっていうので・・・あんまり自信ないけど電話を切った後に送ってみました。



あやかさん
「あ~好青年って感じだね^^真面目そうでいいと思うよ。優しそうだし」

無難な感じだけど悪い印象を与えた訳ではなさそうだったのでホッっと一安心しました。



俺もあやかさんの写真を送って貰い見てみると、真面目そうな感じで優しそうなお姉さんで安心しました^^



あやかさん
「オバサンでごめんねww」



トミー
「いやだって2こ上なだけだから全然オバサンじゃないよ」



あやかさん
「本当?ありがとう!年上が好きなのかな、彼女とかは年上が多いの?」



トミー
「うん^^そうだね年上が好きだし多いかな」



この時、俺は童貞の悲しい嘘を付きました・・・

本当は年下が好きだし・・・彼女なんてそれまで居たことは一度も有りません。

だけどなんか変な事を言って嫌われたくなかったので嘘を付きました。



それから暫くやり取りを数日続けていた、ある日



あやかさん
「○○くん、今度ご飯とか行かない?」
※○○くんの部分はトミーさんの本名の部分なので伏せさせて頂きます。ご了承ください。


嬉しいお誘いが有りました。

普段の会話の中で桜木町近辺に自分は住んでいるって俺は言っていたのをあやかさんが覚えていてくれて

みなとみらいで会うことになりました。



ちなみに自分は親が持っている投資用マンションに住んでいるのでけっこう広いマンションです。

土曜日の夕方にみなとみらいで会いました。

俺は服装とかも全然無頓着なので・・・友人に相談したら「無難な格好」とか言われて益々分からなくなったので

コチラのブログの管理人さんに聞いてみたら色々詳しく教えて頂けたので、服装は何とかなりました。



淡い青色のジーンズに白いスニーカーにちょっと自分では派手かなって思ったんですけど・・・けっこう明るい黄色のTシャツにグレーの薄いジャケットを会う前日に発奮して購入しました。

待ち合わせ場所で待っていると

白いスカートに薄い水色のシャツ?っていうのか分からないですけどそういうのを着た、あやかさんが声をかけてきました。



あやかさん
「○○くん??だよね。あやかです^^」
※○○くんの部分はトミーさんの本名の部分なので伏せました。ご了承ください。



写真より数段可愛い女性で凄く嬉しかったです。

赤レンガ方面までゆっくり話しながら向かってご飯を食べました。

俺の研究の話とかも凄い色々聞いてくれて。。。っていうか俺が話してばっかりで・・・

上手く女性を会話でリード出来てなかったなと今は思います。



お店を出て、海沿いを歩いて話したりしていました。

話のネタにと思って



トミー
「俺の家ってここから近いよ」



あやかさん
「あ!そうだよね近いんだよね^^いいよね~この辺って家賃とかたかいんじゃい?」



トミー
「うん高いと思うけど親の物件だから家賃とかないんだよね。」



あやかさん
「そうなんだーー近いならいってみたいなーーーっなんてww」



トミー
「え??いや、何にもないから」



あやかさん
「ちょっといってみようよ^^お姉さん何にもしないからww」



この時、俺は「何かしてもいいですよ」ってちょっと思いましたが・・・

あやかさんに押され、俺の家にいく事になりました。

10分くらい歩いて到着しました。



あやかさん
「うわーーひろーーい一人で住むのは広すぎだね部屋たくさんあるしね」



トミー
「そうそう。だから空き部屋もあるしね何にもない部屋もあるし、ほぼリビングで生活してるよw」



ジュースを飲んでちょっとTVを見たりしました。女性を自分の家に入れるっていうのも・・・

サークルとかの女の子は有りましたけど・・・1対1でしかも学校関係じゃない女性は初めてだったので変な汗をかきました。



あやかさん
「あれwwダメだよちゃんとしまっておかないと」



あやかさんが手に持っているのはエロDVDでしたww

普段誰も家に来ないので普通にその辺に置いて有ったので見られてしまいました・・・



あやかさん
「こういう子が好きなの?可愛いよねみんな。アイドルみたいだもん」



ちなみにそのAVはS1の女優のDVDでした。



トミー
「いやwwまあね・・・」



そんな事も有りましたが、あやかさんは1時間ちょいくらい滞在して帰って行きました。

送ろうと思ったんですけど「大丈夫。大丈夫」と何度も言うので家の玄関で見送りました。



(はぁーーーー緊張した・・・結局何も出来なかったけど)心の中で凄くなんかモヤモヤしたのと緊張して疲れました。



その後もあやかさんと色々話をして前より仲良くなったような感じがしました。

今度は自分から誘ってみました。するとアッサリOKを貰って

前回と同じ服装で今度は横浜で待ち合わせをしました。

土曜日の夕方に前回と同じくらいの時間帯です。



あやかさんは今度はジーンズ姿で着ました。それはそれで可愛いと思いました。

前回はお酒を飲まなかったので居酒屋に行く事になりました。

この日、俺は決心をしていてとりあえず脱童貞をしたいと決めていました・・・あまり自信はないけど。

だからちょっとお酒の力を借りる事にしました。じゃないと・・・なんていうか口説くっていうのが出来なそうなので。。。

居酒屋でけっこうお酒を俺は飲みました。酒豪とかではないんであれですけど・・・



あやかさん
「お酒けっこう飲めるんだね^^」



居酒屋の後はカラオケにいく事になりました。。。こういう密室も俺は緊張しちゃいそうでしたけど・・・・

ここで上手くしたいなって思っていました。

カラオケを数曲お互い歌いました。



あやかさん
「ちょっと疲れたね~休憩~♪」



ここで俺は口説こうと思ったんですが・・・・・なんていうかどうしたら良いのかわからず関係ない話をしてしまいました。またカラオケを歌って、結局帰ることになりました。

カラオケを出て暫く歩いたら、びっくりしたんですけど

あやかさんがイキナリ手を繋いできました。



何気なくスッときたので驚きました・・・なるべく冷静にいようと思って特に何も言いませんでした。

駅まで着いてしまって、そこで別れました。



(結局なにも出来ないまま二回目のデートは終了しました)



ちょっと落ち込んでしまって・・・電車に乗っているときもそんな事ばかり考えていました。すると、あやかさんからLINEが



あやかさん
「今、電車乗ったよ^^今日もありがとう」



トミー
「こちらこそありがとう。また遊ぼうね」



あやかさん
「いや、もう会わない方がいいんじゃないかな?」

ええ・・・・・・かなり「いや、もう会わない方がいいんじゃないかな?」のフレーズに動揺してしまいました・・・



トミー
「え??何で?」



あやかさん
「今日、あんまり○○くん楽しくなかったでしょ、カラオケでも途中から楽しそうにしてなかったし、なんか悪いなって思って」
※○○くんの部分はトミーさんの本名の部分なので伏せました。ご了承ください。



トミー
「あ、、、いや・・・ちょっと考え事していて・・・」



あやかさん
「そうなの?でもすっごい表情が固かったよ。何か悩んでいるの?」



トミー
「別にそこまでじゃないんだけど・・・」



あやかさん
「そうなんだ。私でも良いなら相談してね^^」



トミー
「ありがとう。今日はなんか後半は変でごめんなさい」



あやかさん
「いいよいいよ。気にしないで、また遊ぼうね」



それから、2週間くらい会うこともなく、だけど毎日LINEで会話をする感じでした。

そんなある日、あやかさんからお誘いがきました。



あやかさん
「友達の結婚式のお返しで美味しいお肉を貰ったから、良かったらすき焼きでも食べない?私の家で」



かなり嬉しいお誘いです・・・家に行くなんて。俺は快諾して、日曜日の16時くらいにあやかさんの家の最寄り駅まで行きました。

駅まで迎えにきてくれました。



あやかさん
「あ、それどうしたの?」



俺は手ぶらじゃあれかなって思って、お酒とスイーツを買って行きました。

お酒はシャンパン(安いです)と俺は全然分からないというか食べた事がないですけど、マカロンです。



あやかさん
「あ・・・このマカロン可愛いんだよね^^ありがとう。そんな気を使わないで良いのに」



暫く歩いて、あやかさんが住んでいるワンルームマンションに到着しました。

小奇麗な感じでキレイです。



トミー
「キレイにしているんだね」



あやかさん
「いやいやww今日の朝に片付けたんだよ。その辺に適当に座ってね」



あやかさん
「どうする、もう食べる、準備できてるけど??じゃもう食べようか実は私、かなりお腹減ってるのww」



鍋が運ばれてきてキレイにカットされた野菜と美味しそうなお肉が有りました。



あやかさん
「頂き物だけじゃ少ないからちょっとお肉別に買っておいたから沢山食べてね」



まずはシャンパンで乾杯して、お肉や野菜をにて食べました。



トミー
「旨いこの肉!!」



あやかさん
「良かった^-^確かに美味しいね。」

そこからはお互いの最近有った出来事や俺は研究の事、あやかさんは仕事の事とかを話したりしました。

すき焼きを食べ終えて片付けも手伝ってその後はマカロンを食べながら話をしました。



あやかさん
「うわーーー可愛い^^ありがとう!それでこの間の悩んでいたことはどうなったの?」



トミー
「いやそれはまだ悩んでいるけど」



その後はお互いの過去の恋愛とかを話したりしました。

俺は誰とも付き合ったことないですけど・・・そういう経験があると嘘を付いていたのでうそ話をしていました。

ちょっと嘘を付くのが辛かったですけど



あやかさん
「そうなんだーーwwそれで何に悩んでいるの?相談に乗るよ私じゃ無理かもだけど」



ここで俺は・・・決心して言ってみました。。。



トミー
「実は・・・・俺。。あれなんだよね童貞なんだよねそれで悩んでいて」



あやかさん
「え??なになに??どういうこと?今までの彼女とはそういう事しなかったの?」



トミー
「いや・・・・・それは嘘ついちゃったごめんなさいなんか言えなくて」



あやかさん
「そうなの?嘘とかダメでしょそういうの良くないよ普通に話せばいいと思うけど」



トミー
「いや、変に思われたら嫌だなった嫌われたら嫌だから・・・」



あやかさん
「大丈夫だよ^^でも話してくれてありがとう。嫌いになったりしないよ」



あやかさん
「でも何であの時に悩んだりしたのカラオケで?」



トミー
「それは・・・どうやってホテルに誘おうかなーーとかってwwwそんな考えてるつもりはなかったけど」



あやかさん
「なにそれwwwそうなの?でも凄い深刻な顔してたよ」



トミー
「そっか本当にそういう風に見えていたんだね。」



あやかさん
「普通に誘ってくれればよかったのに^^」



トミー
「え??そうなの?」



あやかさん
「うん。そうだよ。私は別にそれでも良かったし」



そう言って、あやかさんは俺の手を握ってきました。



あやかさん
「きょうしてみる?」



トミー
「え・・・いいのかなあ?」



あやかさん
「いいよ。キスして」



突然の展開にかなり戸惑いながらキスを初めてキスをしました。。。

その後はチュ、チュしまくりました。

抱き合っていると



あやかさん
「凄い緊張しているのかな、心臓のドキドキが凄いよバクバクしてない?」



確かに俺の心拍数が凄い早くなっていましたかなり緊張してきたので



あやかさん
「じゃあっち行こうか?」



ベッドを指差す、あやかさん

ベッドで座ってまたキスをしました。お互い何となく服を脱いじゃいました。



あやかさん
「下着脱がして」



背中を俺に向けてきてブラを外して欲しいと言って来ました。

正直どうしていいのか分からず・・・マゴマゴしていると



あやかさん
「これは、ここの部分を普通に引っ張れば取れるよ。ほら、取れたでしょ?ホックだからちょっと強引に引っ張るとダメだけど」



優しくブラの取り方を教えてくれました。あやかさんが正面を向いてきました。

生乳が・・・・正直小さいけど可愛い!って思いました。チンチンはもう硬すぎるだろというくらい勃起しました。



あやかさん
「シャワーちょっと浴びようか私、先に入るから途中できてもいいよ」



2-3分経った頃にシャワーに俺も向かいました・・・・物凄い恥ずかしかったです。

だって母親以外の女性の前で初めて全裸になるので・・・・



あやかさん
「あ、きたのトイレと一緒だから浴槽でシャワー浴びてね。その辺りにあるタオル使って良いよ」



シャワー前はパンツを履いていたあやかさんが当たり前ですが全裸でいました。

先にあやかさんはシャワーから出ました。出ると時に



あやかさん
「緊張してるでしょ?なんか深刻な顔しているよまたww大丈夫だよ私がリードっていうか教えてあげるからww」



トミー
「あ・・・ありがとう」



とにかく俺は一生懸命に体を洗いました・・・こんな熱心に体を洗ったことはないくらいww

体を拭いて腰にタオルを巻いてベッドに行きました。



あやかさん
「あ。これ飲んで良いよ」



とお水をくれました。ゴクゴク飲んでしばらく沈黙の後



あやかさん
「じゃ寝よう」そう言ってキスをしてきました。



そこからはAVで見た知識をフルに使っての初エッチが開始しましたw

とにかくキスをしたりオッパイを舐めたり揉んだりしまくりました。暫く没頭していると



あやかさん
「ちょっと手貸して」



俺の手を取って、オマンコの方へ手を持っていきました。



あやかさん
「この辺りもしていいんだよ」



初めての手マンをしました・・・人差し指をオマンコに入れると

ヌメーーーっていう感覚が指にきました・・・濡れていたんだと思います。



あやかさん
「あ・・・あん・・・」



俺の指で感じてると思ったら・・・かなり興奮してしまって指マンしながらもう正直・・・なんていうか射精しちゃいそうでした。



あやかさん
「じゃちょっと横になって」



何をするのかなって思っていたらフェラをあやかさんがしてきました・・・

生暖かい感触がチンコ全体を包んできました・・・



トミー
「あ・・あああ」



思わず声が出ちゃいました・・・・

あやかさんは舌で舐めたり咥えてくれたりして射精しそうな俺のチンコをフェラしてくれました。

ヤバイ出そう・・・・・



あやかさん
「ねえ、コンドームあるの?」



俺は用意だけはしてました・・・実は二回目のデートの時からコンドームを持っていました。

俺がかばんからコンドームを出しました。



あやかさん
「持っていたんだww偉いんだね。」



コンドームを初めて装着しようとしたら中々上手くできないでいました。。。



あやかさん
「やってあげるよ。こうやってやるんじゃないかな?」



チンコを持ってくれてゴムをゆっくり被せてくれました。



あやかさん
「大丈夫?平気かな」



ゴムの締め付け具合とかで・・・もうスデにチンコが敏感になり過ぎて出そうになってました・・・

俺が横になっているので、あやかさんが上にそのまま乗ってきて騎乗位になりました。



あやかさん
「うん。。あっ・・・あんあん」



俺の体に手を軽く付いて腰をあやかさんが動かしています。。。

俺は完全にマグロですwwもうその後は一気に快楽が押し寄せてきて・・・・数えてないですが1分ももたなかったと思います



トミー
「いや・・・・なんかごめんね」



あやかさん
「ううん^^良かった!これでもう童貞じゃないんじゃいかな~?」



そう言ってキスをしてきた、そのままベッドで抱き合っていつの間にか寝てしまいました。

そして起きると、時間はもう深夜0時過ぎになっていた、あやかさんはいつの間にかベッドじゃなくて

椅子に座ってスマホを弄っていました。視線を感じたのか



あやかさん
「起きたの??こんな時間になったね。帰る、それとも泊る?どっちでもいいけど」



トミー
「泊ってもいいかな??」



あやかさん
「うん。いいよ。始発までとかでもいいし私、明日は仕事だから一緒に出てもいいし」



あやかさんがベッドにやってきました。お互い見つめ合ってキスをして二回戦が始まりました。

直ぐにまた勃起して・・・二回目の挿入になりました。

正常位の体勢になって、チンコを入れようとすると中々これが・・・上手く出来ない、出来なかったです。穴が・・・・なんかよく分からなくて


1



入りそうで入らない感じ



あやかさん
「ゆっくりやれば入ると思うよ。」



俺のチンコをあやかさんが握ってゆっくり入れてくれました。



あやかさん
「ううん・・あ・・あん・・・」



ぎこちなく腰を動かして・・・オッパイを舐めると



あやかさん
「ああん・・・ああんあん」



本格的にあやかさんが感じてきたみたいで・・・その姿を見たら結局二回目も直ぐに出ちゃいました・・・・



あやかさん
「気持ちよかった^^もう寝ようか」



そのまま抱き合いながら寝ました。

俺は女性と一緒に寝ているという事に興奮したなと童貞を卒業した嬉しさでほぼ一睡も出来なかったです。。。

あやかさんは普通に寝てました。

いつの間にか外が明るくなってきて朝になって、あやかさんが起きて

出社の準備をしているあやかさんを見ていると



あやかさん
「わたしの事、好き?」



そう聞いてきました。



トミー
「うん好きだよ」



あやかさん
「私も好きだよ。良かった」



なんかこれで付き合う感じになりました。

一緒にあやかさんの家を出て最寄り駅まで手を繋いで歩きました。凄く幸せな気分になりました。

童貞を卒業出来て彼女も初めて出来ました。



本当に良かったです。ありがとうございました。



③管理人コメント

お疲れ様でした。ホントに良かったですね。優しい彼女さんも出来てよかったです。何度か相談メールを頂きましたが上手く行って私もなんか嬉しいです。こちらこそありがとうございました。


トミーさんが出会ったサイトはワクワクメール(18禁)です。

管理人やトミーさんがよく利用する出会い系サイトはコチラ

※各サイト多くの男女の会員がいます。

PCMAX(18禁)←一先ずお試しはコチラがオススメ

ワクワクメール(18禁) ←すぐ会いたい人や年下好きにオススメ

ハッピーメール(18禁) ←抜群の知名度でギャルから人妻まで選び放題守備範囲広い人にオススメ!


各サイト無料ポイントやお得なキャンペーンが豊富です。サイトを複数お得に使って女の子をゲットしましょう。

各サイトを複数使えば合計で無料ポイントがかなりの数字になるので賢く使えてお得です。

この時に掛かった費用はこんな感じだそうです

サイトポイント代
700円
交通費
950円
飲食代
15000円
ラブホ代
0円(自宅の為)

合計 16650円

※エッチするまでに掛かった費用合計です。

楽しい夏を過ごす為に今から女の子をゲットしましょう。

出会い系サイトで出会えるコツをコチラでご紹介してます。ご覧ください。利用女性インタビューも有ります。

たまには【素人】と遊ぶのもアリじゃないですか?


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。AV女優坂口杏里(ANRI)似のマッチョ好きギャルをゲット(25歳販売員ゆいちゃん)


出会い系体験談。藤沢待ち合わせ。ある意味恐怖体験!父親がヤ○ザのギャルとの出会い。しみけん推奨のロールスロイス試してみた!(26歳英会話講師かなちゃん)


出会い系体験談。八王子待ち合わせ。独身だと思っていた女が人妻だと気が付いて引いたけど結局ヤッてしまった!(34歳人妻あいちゃん)


出会い系体験談。赤羽待ち合わせ。ぽっちゃり好きの俺にストライク!ガリよりぽっちゃり女子好き(24歳フリーターアカネちゃん)


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。メチャ可愛い清楚ビッチギャルの猛烈フェラからのハメに2分で撃沈!(22歳フリーターまりあちゃん)


出会い系体験談。池袋待ち合わせ。メタボ体型の俺が初めての利用の30歳既婚エロ人妻と合体(30歳既婚人妻陽菜さん)


出会い系体験談。横浜待ち合わせ。小麦肌の黒ギャルで脱童貞!!(23歳フリーターゆまさん)

出会い系でエロい女の子をゲットしてください。全然ゲットできちゃいます^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

風俗記事もお楽しみください。


出会い系体験談。横浜待ち合わせ。小麦肌の黒ギャルで脱童貞!!(23歳フリーターゆまさん)

管理人コメント


今回は、出会い系脱童貞を果たしたオノデラさんの体験談になります。
是非最後までお読みください。


前回の体験談はコチラ

出会い系体験談。立川待ち合わせ。40歳で既婚男性がDカップの出会い系でHするの初体験っぽい締りが良い人妻をゲット(33歳人妻ナオちゃん)


①ゆまさんスペック


23歳のフリーター


肌が黒いけど地黒らしい


妹と二人暮らしらしい


年下が割と好きみたい


②体験談

僕は21歳の学生でオノデラって言います。普通の大学生です。

学校の友達には「彼女いそう」とか言われるんですけど・・・童貞です。



ホントに仲の良い友達には自分が童貞だって言っているんですけど・・・21歳なんでちょっと余り知らない人には知られたくないし



早く卒業したいな!!って思っていました。風俗は経験が有るのでピュアなチェリーボーイじゃありません。

でも何とか夏までに・・・もう既にけっこう暑いですけどね。何とか脱童貞したいなって思っていてサイトに登録しました。



登録したのは初めてなので、PCMAX(18禁)にしました。



ワケもわからず始めたので・・・・あっという間に無料ポイントを使ってしまったので・・・ポイント購入をして何とか女の子とやり取りを始めました。

それでやり取りを始めたのが、ゆまさんでした。



正直に・・・(っていうか馬鹿正直すぎたんですけど)



オノデラ
「俺・・・童貞なんだけどもらってくれない??」



ゆまさん
「はwwwえ??マジでいってんの??」



オノデラ
「うん・・・いいかな?」



ゆまさん
「なにいってんのホントww風俗イケ!」



それで僕はなんて返信していいのか分からなくて・・・そのままにしておきました。

そしたら数日後にゆまさんから連絡が来ました。



ゆまさん
「元気??」



オノデラ
「元気だよ。なに??」



ゆまさん
「何??ってあんたから連絡してきたんでしょwww返事しろ」



オノデラ
「あ・・・ごめん。なんかダメかなって思って」



ゆまさん
「いや別とかじゃないけどwwきょうなにしてんのヒマ??」



オノデラ
「いや・・今、学校」



ゆまさん
「そっか~学生なんだ~~学校どこ?」



オノデラ
「○○大学」

※オノデラさんの学校が分かってしまうため便宜上伏せました。ご了承ください。



ゆまさん
「マジ!!頭いんだねwwそれでDT捨てたくてサイトにいんのかなぁ?」



オノデラ
「まあねww」



ゆまさん
「ウケるww青春だね。じゃヒマな時遊ぼうよ」



オノデラ
「え・・マジ??もらってくれるの?」



ゆまさん
「貰うなんて言ってねーだろww遊ぼうって言ったんだよ日本語読めww」



それでその後は講義中だったんですけど・・ゆまさんがガンガンLINEをしてくるので講義に集中できず

っていうか楽しくて・・・ずっとLINEしてましたww

それでそのうち遊ぼうっていう話になりました。



でもなかなかそんな日はなくほんとたまにLINEするくらいでした。



GWも過ぎたそんなある日、突然・・・0時過ぎくらいに話したこともないのに、ゆまさんからLINE電話が掛かってきました。



ゆまさん
「もし??いまなしてる?いきなり電話ごめんね」



ゆまさん
「あのさ、車あるんだよね?出せない?」



僕は車はあるんですけどそれは父親が貸してくれているので持っている感じです。

でも普段はあんまり乗りません。サークル関係でたまに使うくらいです。



ゆまさん
「あの・・悪いんだけど迎えきてwwいきなりダメ??ダメだよねwwいいかなぁ??電車ないから」



僕はそのとき、レポートを書いていたので、暇といえばヒマだしヒマじゃないと言えば暇じゃない感じです。

迷ったけど・・・・会ってみたいのも有って迎えに行く事にしました。横浜まで迎えに行きました。

駅までは割りと近いので、問題なかったですけど。

待ち合わせ場所に到着して連絡をすると



ドンドンっ!!車の窓を叩く人がいました。



ゆまさん
「ばんわw悪いねホントごめんね。」



ゆまさんでした。写真は見てたけど見るからにギャルでした。。。



知らないギャル
「どうも・・・いいんですか?すみません。ゆまの友達なんですか?」



もう一人ギャルが登場しましたwww



ゆまさん
「あ・・ごめん。友達もいるんだわwwいいかな?」



オノデラ
「え??いや・・いいよ。どうぞ。」



その後は、ハイテンションなギャル二人が話しまくる展開で車を20分くらい走らせて

ゆまさんの友達を家まで送りました。



ゆまさん
「ばいばい^^じゃまたね」



知らないギャル
「どうも。ありがとうございました。ゆま、またね。おやすみ」



ゆまさん
「ホントありがとう!!!電車なくなっちゃってさww大丈夫??寝てた?」



オノデラ
「いや寝てない。レポートしてたよ」



ゆまさん
「おーーーーやっぱり頭いいね~!!学生勉強頑張れよwwはい、じゃ車出して」



完全に僕はアシにされている感じがしました。

初めて会った緊張とか別に感じる間もない感じでした。



オノデラ
「ええと・・・送ればいいのかな?家どこ?」



ゆまさん
「○○んちいこうよ」

※○○の部分はオノデラさんの名前なので伏せさせて頂きますご了承ください。



オノデラ
「は??なんでwww」



ゆまさん
「いいじゃんいいじゃん^^いこうよ近いの??」



結局、流れで僕の家に行く事になりました。

部屋に入ったら



ゆまさん
「あ~なんか可愛いじゃん^^男の部屋!って感じでもないね~キレイにしてんじゃん」



オノデラ
「そうかな??あんま掃除してないけど」



ゆまさん
「いやいいんじゃないかな~いいと思うよ上からで申し訳ないけどww」



とりあえず冷蔵庫にあった麦茶を出しました。



ゆまさん
「気が利くじゃん^^ありがとう」



麦茶を飲んだゆまさんはいきなり僕と腕を組んできました。



ゆまさん
「こんなコトしたことないんだ??ドキドキしちゃう??」



オノデラ
「いや・・別に」



ゆまさん
「ほらしてんじゃんwww可愛い」



僕の心臓の辺りに手を当てて笑ってました。



ゆまさん
「うんうん。可愛いね^^ほんと童貞なんだね。女知らないんだ?」



オノデラ
「それはマジだよww」



ゆまさん
「でもねそんな別にブサとかじゃないんだけどね~変なの。ガツガツしたほうがいいんじゃないの?」



オノデラ
「wwwそうなのかなぁ自分じゃ普通にしてるんだけど」



ゆまさん
「じゃ教えてあげようかwwうん??」



オノデラ
「え??マジ・・・」



いきなりゆまさんが僕の手を持って自分のオッパイに持って行きました。



ゆまさん
「ほら、揉んでみな・・・ちょっと手震えてんじゃんwwいちいち可愛いなぁ」



そしたらいきなり、ゆまさん顔にキスしてきました。

立て続けに口にキスをしてきて僕はびっくりしました。



ゆまさん
「あ・・・びっくりした??もう一回しようか」



その後は僕はわけも分からずキスをゆまさんとしまくりました。



ゆまさん
「そうしたら次はどうするの??風俗はいくんでしょww」



オノデラ
「え??いや・・・え??」



ゆまさん
「してみなしてみなwwお姉さんが見てあげるから」



風俗でやっているように、オッパイを揉んだりキスをしたりしていると



ゆまさん
「ちょっとそこから進まないよさっきからwwいいんだよもっとしてみな」



ゆまさんがTシャツを脱ぎました。ブラが出てきて僕はその時点でチンコが痛いくらい勃起しちゃいました。

ブラをゆまさんが外すとおっぱいが・・・・



オノデラ
「なにカップ??」



ゆまさん
「え??Eだよ。E--」



オッパイにしゃぶりつきました。そうすると



ゆまさん
「ん・・・ん・・・ん・・・」



なんかちょっと感じてるような声をあげ始めました。



ゆまさん
「ちょっと脱ぎなよwwなんで私だけ」



この時点で僕は普通に服を着ていました。



ゆまさん
「ほっそ・・・・鍛えなよww」



ゆまさん
「じゃ下もぬいじゃおうよ」



そう言うので僕はパンツを脱ぎました。ゆまさんもパンツを脱ぎました。

またオッパイを揉んでキスをして・・・・遂にオマンコを触りました。



ゆまさん
「痛っ!!!いきなり入れないでよずぼって」



僕は分からずっていうかなんていうか無心だったので指をいきなりずぼって入れてしまいました。



オノデラ
「あ・・・ごめん・・・・」



その後はゆっくり出し入れすると・・・段々なんか感じてるっぽい声をあげはじめました



ゆまさん
「もういいよ・・・じゃ舐めてあげよっか?」



そう言って僕のチンコを指差してきました。。

手で持ってシコシコしてきました・・・正直これだけでも気持ちがよくて・・・・

ゆまさんが唾をチンコに垂らして更にシコシコしてきて・・・ただでさえ勃起しているのに



もっと膨張して勃起しました。血管の浮きでている感じがやばかったです(笑)


フェラは結局ちょっとさきっちょだけ舐めてくれました・・・



ゆまさん
「ゴムはあるの??」



オノデラ
「あるよ」



ゆまさん
「あるのーー童貞なのにww準備してんの偉いじゃん!もってきな付けてあげるから」



ゴムを持ってくると、ゆまさんがゴムを慣れた手つきでチンコに装着してくれました。

だけど・・・そこからどうしていいのか分からずにいると



ゆまさん
「じゃ・・・ほら入れてみて、あんまり濡れてないような気がするからゆっくりだよ」



ゆまさんが寝転がって、僕のチンコを手でもってオマンコに入れさせてくれました。。

確かにあんまり濡れてない感じでスルって入る感じじゃなかったです。


1



ゆまさん
「んんんん・・・入ったね・・・」



僕がゆっくりゆっくり動くと(もうイキそうで・・・ゆっくり動くしかなかった感じです)

オッパイを揉んでゆっくりゆっくり腰を動かします。



もうこの時点で我慢出来なくて我慢のレベルを超えていたんだと思います・・・無意識に発射しちゃいました。



ゆまさん
「あれ??今、イッたでしょ??なんかそんな感じしたけど」



オノデラ
「いやwwそうww」



ゆまさん
「え??そうなんwwwそっかそっかじゃ抜いていいよ」



ゆまさん
「あ・・・すっごい量!!!メッチャ精子あるじゃん!すごい」



かなりの量が出ました・・・前日もオナニーしたんですけどね。



ゆまさん
「よしよし^^初体験どうだった??」



オノデラ
「正直・・・メッチャ緊張したよ・・・気持ちよかった」



ゆまさん
「ほんと?ならよかったーー!なんか嬉しい。送って貰ったお礼だよwww冗談だけど」



その後、ゆまさんは僕の部屋は禁煙なんだけど、タバコをスパスパ吸い始めて、ちょっと寝てからシャワーを浴びて朝に帰ってきました。



それから、ゆまさんはたまに僕の家に来るようになりました。まだ出会って一ヶ月くらいですけど

でも・・・大体、車を出さされるんですけどね(笑)



僕は密かにこのまま付き合ったりできればいいなって思ってます。



③管理人コメント

脱素人童貞おめでとうございました!若いですしこれからセックスライフ楽しんでくださいね。
また投稿お待ちしてます。


オノデラさんが出会ったサイトはPCMAX(18禁)です。

管理人やオノデラさんがよく利用する出会い系サイトはコチラ

※各サイト多くの男女の会員がいます。

PCMAX(18禁)←一先ずお試しはコチラがオススメ

ワクワクメール(18禁) ←すぐ会いたい人や年下好きにオススメ

ハッピーメール(18禁) ←抜群の知名度でギャルから人妻まで選び放題守備範囲広い人にオススメ!


各サイト無料ポイントやお得なキャンペーンが豊富です。サイトを複数お得に使って女の子をゲットしましょう。

各サイトを複数使えば合計で無料ポイントがかなりの数字になるので賢く使えてお得です。

この時に掛かった費用はこんな感じだそうです

サイトポイント代
1300円
交通費
0円
飲食代
0円
ラブホ代
0円

合計 1300円

※エッチするまでに掛かった費用合計です。

楽しい夏を過ごす為に今から女の子をゲットしましょう。

出会い系サイトで出会えるコツをコチラでご紹介してます。ご覧ください。利用女性インタビューも有ります。

たまには【素人】と遊ぶのもアリじゃないですか?


出会い系体験談。立川待ち合わせ。40歳で既婚男性がDカップの出会い系でHするの初体験っぽい締りが良い人妻をゲット(33歳人妻ナオちゃん)


出会い系体験談。東京足立区待ち合わせ。再婚希望の欲求不満だったらしい子持ちバツイチと自宅でハメた(28歳バツイチ真由ちゃん)


出会い系体験談。新宿待ち合わせ。ダメ元で言ったらAFまでやらしてくれた。(23歳販売員トモちゃん)


出会い系体験談。池袋待ち合わせ。微乳神待ちギャルとの出会いナマで入れて発射(21歳学生みのりちゃん)


出会い系体験談。下北沢待ち合わせ。真面目そうなOLとカーセックスからのラブホ!!(25歳派遣社員まさみちゃん)


出会い系体験談。横浜市内待ち合わせ。ゴルフの練習と称してバツイチ熟女との出会い(42歳販売員美夏さん)


出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。田舎から出てきたばっかりの元AKB秋元才加似のギャル(専門学生23歳美貴ちゃん)

出会い系でエロい女の子をゲットしてください。全然ゲットできちゃいます^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

風俗記事もお楽しみください。




出会い系体験談。関内待ち合わせ!出会い系で脱!童貞!(21歳JD莉奈ちゃん)

管理人コメント


今回は出会い系で最近、脱・童貞をした方の体験談になります。投稿者はナガノさんです。
是非最後までお読みください。


前回の体験談はコチラ

出会い系体験談。新宿待ち合わせ。ボーイッシュなピュアガールをゲット(22歳神待ちゆいちゃん)

①莉奈ちゃんスペック


黒髪ロングの女子大学生


年齢は21歳


彼氏は居ない


地方出身


②体験談

大学三年生のナガノです。つい最近まで童貞で・・・けっこう周りの友達は童貞卒業していて

エロい話とか好きだけど、経験が無いから友達と話していても凄く羨ましかったです。


風俗はたまに行くので素人童貞って感じです。女の子と付き合ったことも無いです。

コチラのブログとか他の人のブログとかたまに見ていて「出会い系なら出会ってH出来るかも」って思ってサイト
に登録しました。


最初は悪戦苦闘して・・・っていうか会話があんまり上手くできなくてやり取りが上手じゃないのかもしれないけど

続きませんでした。


そんな時にタメで同じ大学生の莉奈ちゃんと知り合いました!

同じ学生で年齢も一緒だから週活の話とか学校の話とかしてなんかいい感じで話が盛り上がってやり取りが続きました。


勇気をかなり出して莉奈ちゃんとご飯に誘ったら、OKを貰って会うことになりました。

カナリ・・・当日まで一週間くらい有ったんですけど緊張してしまって・・・何とか当日を迎えました。


場所は関内で待ち合わせしました。お互い横浜DeNaベイスターズのファンだったのも有るので欲しいグッズが有るからハマスタのグッズショップに行きたいと莉奈ちゃんが言っていたからです。


当日は昼の2時くらいに待ち合わせしました。

待ち合わせ場所で待っていると突然背中から声を掛けられました。


莉奈ちゃん
「お待たせ!!!!!!」


ナガノ
「うお!!!!びっくりした・・・いきなり焦った・・・あ・・・どうもナガノです」


莉奈ちゃん
「莉奈です(*^_^*)宜しく^^じゃ行こうよーー」


ハマスタの方に歩いていく莉奈ちゃん

服装はジーンズにシャツにコートって感じの普通の感じの女の子。


僕的には黒髪ロングが好きだから、写真のまんまの莉奈ちゃんで嬉しかったです。

ハマスタに着いてグッズショップを覗いて、莉奈ちゃんはTシャツを買っていました。

僕は特に何も買いませんでした。


その後は、カフェに行きました。まあ何処にでもあるカフェです。

女の子と二人っきりのデートなんて初めてなので・・・オシャレなお店とか知らないです。


コーヒーを飲みながら、プロ野球の話題とか学校とか就活の話とかで、共通点も多いので

リラックスして莉奈ちゃんと話が出来ました。フレンドリーな女の子でホント良かったと思いました。


予想以上に話が盛り上がってしまって。気がついたらちょっと外が暗くなっていました。


ナガノ
「なんか食べに行こうよ。何処か好きなお店とかある??」


莉奈ちゃん
「どうしようっか??あんまりお腹空いてないなーーとりあえず出ようか長居しすぎだよね私たちww」


お店から出ると


莉奈ちゃん
「お腹空いてないし丁度いいから馬車道歩いていってみなとみらいに行くか、それかここから山下の方に行かない??」


ナガノ
「うん。いいよ。山下のほう行こうか?」


それで歩いて山下公園方面へ

なかなか距離があるんですけど、女の子と二人っきりで歩くなんて中々ない僕は嬉しかったです。

歩いていると莉奈ちゃんがけっこう距離が近く顔を近づけて話してくるので恥ずかしいやら嬉しいやらでした(汗)

山下公園に着いたら、ちょっと曇っていて夜景は微妙でしたが風が気持ちよかったです^^


莉奈ちゃん
「けっこう歩いたからお腹空いたよ^^歩いて正解だったね!ご飯食べよう」

近くに有ったファミレスに行きました。


お店では恋話を色々莉奈ちゃんは話してきました。


莉奈ちゃん
「ナガノくんは元カノとかどんな感じだったの??」

僕は今まで女性と付き合ったことが無いので・・正直に言いました。


ナガノ
「いや俺は・・・今まで彼女とかいたこと無いから元カノとかいないよww元カノとかいうフレーズを使ってみたいよ」


莉奈ちゃん
「そうなのおーー??なんか意外!!じゃどんな子が好きなの??」


ナガノ
「えーーーどんなこ??わかんないなーーなんか友達みたいに話せる子がいいかなーー男友達みたいに」


莉奈ちゃん
「そうなんだー彼女とか欲しいの??」


ナガノ
「うん!そりゃ欲しいけど・・・だからサイト使っているんだけどねww」


莉奈ちゃん
「そっかそっかそうなんだ。じゃあれかな・・・エッチとかしたことないの??いきなりシモでごめんww」


ナガノ
「ええ・・(汗)ないよ・・ないないそりゃないよ」


莉奈ちゃん
「そっかーー真面目なんだね~草食??してみたい?」


ナガノ
「いやーーなんか恥ずかしいwwそうだねしたいよね・・・流石にww」


莉奈ちゃん
「じゃわたしどう??してあげよっか?」


ナガノ
「え??マジで・・・ウソでしょww童貞を苛めないでよww」


莉奈ちゃん
「いいよーーナガノくんが私でもいいよーーって感じなら可愛いなんか童貞とかww」


莉奈ちゃん
「今日しちゃうのかなぁーー??(笑)」


ナガノ
「ええ??きょう・・・ええ・・・心の準備がww」


莉奈ちゃん
「どうせあれでしょエッチしたいなーーとか思ってサイトにいたんでしょ??心の準備は今しろwww」


なんかふざけているか誘っているか分からない莉奈ちゃんに半信半疑だったんですけど・・・僕はこんな話をしているとき莉奈ちゃんの裸とか想像しちゃってチンコが相当勃起していました(笑)


ファミレスを出て、電車に乗って横浜へとりあえず行くことになりました。どちらにしても横浜で僕も莉奈ちゃんも電車を乗り換えるので横浜駅に着きました。もう完全に夜で9時過ぎくらいでした。


莉奈ちゃん
「じゃ、どうする??ここでバイバイでもいいし・・・それか今日とかしてみる??」

ちょっとふざけた笑顔で僕に聞いてきました。


勇気を振り絞って誘いました。


ナガノ
「ええ・・・と、今日してみたいかな」


莉奈ちゃん
「じゃ決定だね^^ラブホ行こうよ」
と言いいきなり僕の手を掴んできました。


莉奈ちゃん
「手汗凄いよwwwメッチャ緊張してるじゃん??ホントに童貞なんだね?」

歩いてラブホが沢山ある辺りに行きました。


莉奈ちゃん
「あ、コンビニ寄ろうよ、ラブホなんでも高いからコンビニで持ち込んだほうがいいよドリンクとかお菓子とか^^お菓子食べたいかも」


お菓子やドリンク(お酒)とかも色々買いました。

初めて行くラブホそしてもしかしたら・・・脱・素人童貞できるかもしれないという事で相当緊張してきました。

ラブホはデリヘルを利用したときに入ったことが有るので分かるんですけど・・・こういうのは初めてなのでかなり動揺していました。


莉奈ちゃん
「大丈夫??なんか顔がすっごい緊張しているよ??ウケるww」

莉奈ちゃんに手を引っ張られてラブホに入りました。


個室に普通の女の子と二人っきりなんて初めてだからドキドキが凄くてフワフワしたのを覚えています。

お菓子を食べたりちょっとカラオケしたりしてちょっとだけほんの少しリラックスできました。


莉奈ちゃん
「じゃお風呂入ろうよ。」

僕が先にお風呂に入りました。もうなんか・・・失礼が有ってはいけないと・・・メチャクチャ入念に体を洗いました。。。


歯磨きも激しくブラッシングしましたww

お風呂から出たら莉奈ちゃんがパンツだけ履いた状態でベッドに入っていて待っていました。


莉奈ちゃん
「じゃお風呂いってくるね。」

その時にみた裸はオッパイもけっこう大きくてキレイで・・・見た瞬間に勃起しちゃいました。


莉奈ちゃんがお風呂に入っている間、僕は待っていたんですけど、物凄い長く感じました・・・

ドキドキがやばかったです。風俗には慣れているから女の人の裸は見慣れているはずなのに・・・緊張が凄かったです。


お風呂から出てきた莉奈ちゃんがベッドに腰掛けてきました。


莉奈ちゃん
「どうしたの??まだ緊張しているの??もう逃げられないよwwww」

いきなり莉奈ちゃんがキスをしてきました。


いきなり舌を入れてきて驚きましたが・・・僕も頑張ってキスをしました。

風俗とAVで培った知識をフルに使って・・・前戯開始です。


オッパイを触ってキスをしてそんな感じでしていると


莉奈ちゃん
「うう。。ああん」

と喘いできました。


ベッドに莉奈ちゃんを押し倒して、上から下へ手と口を使って前戯

正直頭の中は真っ白です(笑)とにかく無難にしよう!!くらいしか思ってなかったです。

オマンコを触ると・・・・凄い濡れていました。


風俗とかのジェルとかじゃないリアルに濡れているオマンコ・・・・・

いきなり舐めると


莉奈ちゃん
「ちょwwいきなりww順番っていうか・・・まあいいけどww」

ちょっとダメだしされました。


クリトリスを舐めると、莉奈ちゃんの声が大きくなりました。。。。指をオマンコに入れてクリトリスを指でいじっていると


莉奈ちゃん
「じゃ交代しよっか??チンチン舐めてあげるすっごい起ってるねww」

僕のチンチンを莉奈ちゃんが口に入れると


莉奈ちゃん
「あはは、我慢汁が出てるよにゅるにゅるしてるwww」

今まで風俗嬢にフェラしてもらっていましたが・・・・一番莉奈ちゃんが気持ちよかったです。


暖かくて・・・・もうなんかこの文章書いてるだけで勃起してきました(笑)すみません。


莉奈ちゃん
「よしよし・・・もういい感じでしょ^^入れてみる??」


僕は風俗ではヘルスしか経験が無いので・・・挿入っていうのが初体験です。

ゴムをつけようとしたんですけど・・・なかなか上手く出来なくてマゴマゴしていると


莉奈ちゃん
「着けてあげようか??」

とゴムを手に持ってまたフェラしてくれて、もう一回フル勃起状態にしてくれてゴムを被せてくれました。


莉奈ちゃん
「よしOK!!大丈夫でしょ??」


莉奈ちゃん
「じゃ寝ていいのかぁ私??」

とベットに横になった。


正常位の体勢ですね。


いざ挿入しようにも・・・・なんかオマンコの場所は分かるんですけど中々なんていうか入らない感じでかなり焦りました・・・


すると莉奈ちゃんがチンコを手で持ってくれて穴のところに当ててくれました。


莉奈ちゃん
「このまままっすぐすれば入るよ多分wwほんと経験ないんだね」

言うとおりにするとスルっとチンコが入りました。


莉奈ちゃん
「入ったね。動いてみて」


腰をちょっと動かすと


莉奈ちゃん
「全然動いてないからwwもっとしていいんだよ腰を持っていいよ」

指導してくれる莉奈ちゃん


情けない僕・・・

頑張って腰を動かすと


莉奈ちゃん
「そう・・そう・・・うううん・・・ああん」

と小さく喘いでくれました。


この時点で僕は爆発寸前です・・・・・


莉奈ちゃん
「もうイキそうなの??なんかすっごい我慢している感じだよね??いいよ出しちゃってそのほうがきもちいいいでしょ?」


ちょっとだけまた腰を動かして・・・直ぐにイってしまいました。


多分・・・・2分くらいかな・・・・早すぎですね僕・・・

しばらく僕は放心状態でそのままの状態でいると


莉奈ちゃん
「もう童貞じゃなくなったね^^きもちかったかなぁ??チンチン抜いていいんだよ」

我に返ってチンコをオマンコから抜きました。コンドームに精子がこれまで見たこと無いくらい出ていました・・・・

凄くたくさん出た感触が有ったので分かってましたが量が凄かったです。


莉奈ちゃん
「量が凄いね!!!オナニーとかしない系??」

莉奈ちゃんがなんか喜んでいたみたいだったので恥ずかしいやら嬉しいやらでした。


莉奈ちゃん
「こっち来てギュして」


ぎゅーーっと莉奈ちゃんを抱きしめてキスをしました。この瞬間になんか緊張が無くなりました。


莉奈ちゃん
「もう一回する??でも時間あるかな~帰る??」


僕は一人暮らしだし莉奈ちゃんも一人暮らしだから・・・泊まるのはOK


だけど・・・現金が無いのでどうしようかと思っていると


莉奈ちゃん
「じゃラブホ代は貸してあげるよ私が^^いいよ返してくれれば」


結局そのまま泊まることになりました。

1時間くらいして莉奈ちゃんからお誘いが・・・


今度は莉奈ちゃんから攻めてくれました・・・乳首とか舐めてくれたりフェラをもっとなんか深くしてくれました。


莉奈ちゃん
「敏感さんなのかな??すごい感じているでしょ??」

僕は凄い気持ちよかったです。またゴムを莉奈ちゃんに着けて貰って今度は


莉奈ちゃん
「じゃ私が今度は上になろうかな?いいよそのまま寝てて」


騎乗位の体勢になって上に莉奈ちゃんが乗って来ました。

僕の体に手を置いて腰を上下する莉奈ちゃん、ボケッと見ていると


莉奈ちゃん
「オッパイ触って!」

我に返り・・・オッパイを揉みまくりました。。。。


1


莉奈ちゃん
「ああん・・ああんああ・・・ああん・・・下から動かして」

僕が下から何となく突き上げると


莉奈ちゃん
「ああん・・・ああんああんあんあん」

と喘ぎ声が大きくなりました。。。莉奈ちゃんが腰を動かすのを止めて僕が動かしました。


莉奈ちゃん
「きもちい??きもちいかな??イキそうかな??大丈夫?ああん・・ああ・・・」

と聞いてきました。


ナガノ
「イキそう・・・・いいだして??いい??」


莉奈ちゃん
「ああ・・・いいよ・・・・ああん・・・・出して」


発射しました。


莉奈ちゃん
「ああん・・・・・・・出たね・・・・気持ちよかった・・・はぁはぁはぁ」

と僕にもたれかかってきましたそのままキスをして暫くしてチンコを抜きました。


莉奈ちゃん
「また一杯出たねwww気持ちよかったよ。よしよし」

と僕の頭を撫でてきましたww


ちょっと恥ずかしかったけど・・・・なんか嬉しかったです。


その後は・・・何だかんだイチャイチャして疲れていつの間にか寝ちゃいました。


朝になってダラダラ起きて駅まで一緒に歩いていってそこで別れました。


今週か来週に貸して貰ったお金を返す口実でまた莉奈ちゃんに会います。


最高の脱・童貞になりました。


③管理人コメント


脱・童貞おめでとうございます!!良かったですね。暫くは楽しんでくださいね。
もしまた利用することが有ればレポお待ちしてます。

管理人やナガノさんがよく利用する出会い系サイトはコチラ

PCMAX ←一先ずお試しはコチラがオススメ(18歳未満利用禁止)

ワクワクメール ←ギャルや年下好きにオススメ(18歳未満利用禁止)

ハッピーメール ←抜群の知名度でギャルから人妻まで選び放題守備範囲広い人にオススメ!(18歳未満利用禁止)

ドミナント ←年上や人妻、熟女さんが割りと好きな人にはオススメ(18歳未満利用禁止)

各サイト無料ポイントやお得なキャンペーンが豊富です。サイトを複数お得に使って女の子をゲットしましょう。

各サイトを複数使えば合計で無料ポイントがかなりの数字になるので賢く使えてお得です。

この時に掛かった費用はこんな感じだそうです

サイトポイント代
500円
交通費
560円
飲食代
3700円
ラブホ代
7800円

合計 12560円

※エッチするまでに掛かった費用合計です。

春は出会いの多い季節で女の子の心も浮ついているのでチャンスです!

出会い系サイトで出会えるコツをコチラでご紹介してます。ご覧ください。利用女性インタビューも有ります。

たまには【素人】と遊ぶのもアリじゃないですか?

出会い系体験談。新宿待ち合わせ。ボーイッシュなピュアガールをゲット(22歳神待ちゆいちゃん)

出会い系体験談。仙台市内待ち合わせ チョータイプな元CA人妻をゲット! (30歳人妻多香子さん)

出会い系体験談。戸塚待ち合わせ。バツイチ子持ちV系好き女性との出会い(33歳派遣社員亜矢さん)

出会い系体験談。池袋待ち合わせ。上京して浮かれているギャルとハメた!(21歳フリーターゆうみちゃん)

出会い系体験談。渋谷待ち合わせ。Gカップ巨乳ギャルとH!(24歳サービス業エミリちゃん)

出会い系体験談。表参道待ち合わせ。彼氏有りキスNGのキレカワギャルをゲット。(21歳学生ツキナちゃん)

出会い系体験談。渋谷待ち合わせ横浜みなとみらいデートでHしました。(21歳学生まおみちゃん)

出会い系でエロい女の子をゲットしてください。全然ゲットできちゃいます^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

風俗記事もお楽しみください。


アダルトブログランキングへ

最高級店
ソープランド 川崎琥珀
高級店
ソープランド シェルウエスト
彩花
ソープランド 川崎金瓶梅
高級巨乳ソーププロポーション
川崎ラグジュアリー
漫蛇羅
無敵
VIP
セレブリティザ特別室
ハウスシェル
ラフォーレ川崎
シャングリラ川崎
川崎アラビアンナイト
大衆店
ヤングプラザ
倶楽部姫

シャトールイ
重役室
エデン
アロマカフェ
ageha
美巨乳ソープ愛
真珠夫人
上流夫人
格安店
ラ・タンゴ
ムーランルージュ
ハッピーブリッジ
エレガンス学院
G-Style
SELECTION
グランローズ
倶楽部いりす

フレッシュマミー
パラダイス
突撃奥様
ラ・エルフ
ビッグバード
アルハンブラ
セシル
赤とんぼ
ラッシュ
クリスタルKG
クラブ京都
クラブアネモネ
東京妻
エデン
三浦屋
倶楽部みる
川崎角海老
カサブランカ
オフィスラブ
アナタの風俗体験お寄せください。
風俗体験記事を大募集中。 ご応募ください。 投稿条件 ・全国の風俗店の体験投稿のみ ・お相手した姫の名前を明記してください。 ・投稿された方のプライバシーはお守りいたします。 メッセージより投稿ください。お待ちしております。
ギャラリー
  • イキ過ぎて大号泣!!出会い系でオジサンを探すオジサン大好きスレンダーギャルの自宅で中出し!
  • イキ過ぎて大号泣!!出会い系でオジサンを探すオジサン大好きスレンダーギャルの自宅で中出し!
  • イキ過ぎて大号泣!!出会い系でオジサンを探すオジサン大好きスレンダーギャルの自宅で中出し!
  • イキ過ぎて大号泣!!出会い系でオジサンを探すオジサン大好きスレンダーギャルの自宅で中出し!
  • イキ過ぎて大号泣!!出会い系でオジサンを探すオジサン大好きスレンダーギャルの自宅で中出し!
  • イキ過ぎて大号泣!!出会い系でオジサンを探すオジサン大好きスレンダーギャルの自宅で中出し!
RSS
広告のお問い合わせ/記事投稿希望

広告掲載のお問い合わせと投稿記事の買取希望の方はお気軽にご連絡ください。相互リンクも随時受け付けております。どうぞ宜しくお願い致します。

名前
メール
本文
記事検索
カテゴリー